マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

【2017年7月韓国旅行】ソウルを散歩(5)

ソウルでしたことってたぶん散歩くらいです。
今回は、交通アプリ『Korea Transit Guide』を仕入れたこともあり非常に簡単にソウル中を歩きました。鉄道はもちろんですが、特にバスに関しては秀逸で、乗り換えなどをして目的地に向かうのに非常に便利でした。特に優れているのは日本語入力ができることなのです。ハングルが読めない人にも使えるアプリですから韓国旅行にはオススメしたいアプリです。

2017-07-2195450.png

・出発地と目的地をカタカナで入力して交通手段を指定すると、地図付きでルートを出してくれます。
・バスなどは、ハングルができないと何番バスに乗ればいいのか分からないことも多いですが、明確にわかります。

□Korea Transit Guide

一言で言うと、このアプリの素晴らしいところはハングルがわからなくてもバスに乗れると言うことです。乗り継ぎも簡単にわかります。たぶん私の知る限り韓国旅行では一番便利なアプリではないかなと思います。
韓国旅行では地下鉄には乗れてもバスはちょっと難しいと言う人が多いと思います。ハングルが読めないとどのバスに乗ればいいかわからないからです。やって来るバスに書かれている目的地などのハングルを読めないと乗ることもできないし降りることもできない。だからハングルが読めないと韓国旅行ではバスを使いこなすのは難しいのです。
それがこのアプリさえあれば、何番バスに乗ればいいのか一目瞭然です。

そんなアプリを元にカンナムのサムソンからバスでカンボクへと向かいました。
鍾路5街の広蔵市場を歩きました。

IMG_8015.jpg

美味しそうなピンデトック。久しぶりに食べてみることにしましたが、外はカリカリで中はふわふわで熱々。4000Wのシアワセを感じました。

IMG_8023.jpg

そのまま鍾路3街、仁寺洞、北村、三清洞と歩き、マウルバスでソウル駅へ。

IMG_8037.jpg

北村、三清洞の間にはおなじみの日本家屋があります。少なくとも1945年以前に建てられたものでしょうから築後72年以上経っている木造建築です。手入れがいいとは思えませんし、いつまで残るかわからないですが、その昔、韓国中の日本家屋を訪ねて探し歩いたのは良い思い出です。

IMG_8045.jpg

三清洞は通過しただけになってしまいました。お汁粉屋でも行こうかと思ったのですが、先ほど食べたピンデトックがまだまだ消化していませんでしたので諦めました。


IMG_8056.jpg

これは少女像。ワンシム二駅前だったと思います。
この国は歴史を後から上書きしてだんだんと都合が良いよう書き換えられていきます。何が正しくて何が正しくないのかわからないようでは隣人として非常に疲れます。

IMG_8126.jpg

アプリがあるおかげで、ぐるぐるとバスで街歩きをたやすくすることが出来ました。
地下鉄は階段登ったり降りたり結構足・腰・膝にくるんですよね。だからバスが楽なのです。良いアプリに出会えたおかげでずいぶん歩きましたけど階段の上り下りをすることなく交通機関を使えましたので本当に楽でした。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事
スポンサーサイト

【2017年7月韓国旅行】最後のパークハイアットソウル(4)

今回のソウルのホテルはパークハイアットソウルを手配しました。
アワード消化での無料宿泊になります。

幾度となく泊まってきたパークハイアットソウルですが、私がソウルで一番大好きなホテルです。コンテンポラリーでシンプル。ゴテゴテ感やゴージャス感は一切ありません。機能的でシンプルなテイストがとても好きなインテリアです。これまでハイアットのダイヤモンド会員でしたので朝ごはんもつきましたし、お部屋の配慮もありましたし、快適に過ごすことができる素晴らしいホテルでした。ただダイヤモンド会員は今期が最後になりますのでもう泊まることができなくなります。今回の滞在が最後の滞在となりました。



今回アサインされた部屋は1605室です。部屋番号05室はスイートルームです。
1Fエレベータ前でウェルカムバックと迎えられて部屋にてチェックインすることになりました。

カチッとしたソファーは座り心地抜群です。片袖のソファーもいいですね。すぐそこにカラス窓がありますので、ここは片袖が正解です。ちょっとしたことですが、計算づくだなと感じます。ややもするとここに横になったまま寝てしまいがちなので注意が必要かもしれませんね。ちょうど足元から天井まである全面ガラスの外にはサムソンサゴリが見えます。

IMG_7954.jpg

ネスプレッソは大型タイプのものが置かれていてカプセルは6つセットされていました。

IMG_7952.jpg

ウェルカムフルーツはブドウ(ポド)と桃(ボクスンア)でしたでしょうか。
モモなのかスモモなのか食べなかったのでちょっと分からずですが、なんとなくスモモじゃないかなという気がしています。以前はあったお酒はもう規約改定の中でなくなってしまったようです。ワインだったり焼酎だったりそれを選ぶことができたのですが、お酒がなくなったのはとても残念でした。ホテルの部屋で飲むワインには贅沢感を感じるんですよね。そのワインを片方に食事を部屋まで運んでもらって食べるのが好きでした。

IMG_7927.jpg

少し柔らかさを感じるベッドですが、快適なことこの上ないベッドです。
横たわると柔らかさを感じるけれど、決して身体は沈まない。この加減が良いのです、そして腰を痛めることのないベッドです。

IMG_7931.jpg

このお風呂はとても大きいです。
そのためお湯が溜まるまではそれなりの時間がかかります、そして微妙な湯温にするにはちょっと苦労しますけどなかなかどうして快適です。湯船の外にお湯をこぼすことができるお風呂はありがたいですね。この手のタイプのお風呂はポイントが高いと思います。

IMG_7943.jpg

このシンプルな水周り。
インテリアの参考になります。AESOPのアメニティは個人的にはそんなに好きじゃないけれど、日本ではなかなか買うことのできない値段ですのでシアワセを感じる瞬間でもあります。


IMG_7945.jpg

部屋から見る夜のサムソンサゴリ(三成交差点)です。
この交差点を見ていると時間を忘れてしまします。昼の表情、夜の表情、それぞれの時間により雰囲気が変わります。時を忘れてずっと見入っていました。

IMG_8131.jpg

今回は大好きなパークハイアットソウルのスイートルームでした。
コーナーストーンで朝ごはんを食べたり十分に満喫できた滞在となりました。そしてさよならパークハイアットという悲しい滞在でもありました。また来るねとは言えないのがとても悲しい最後の滞在となりました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【2017年7月韓国旅行】釜山からソウルを目指せ(3)

週末のショートトリップとなった今回の旅行だが、まずは釜山を目指す。
そこからソウルに向かうのだが、釜山からKTXでソウルにアプローチするかバスで大邱まで行ってそこからソウルを目指すかは釜山の空港に到着してから結論を出すことにした。

今回は成田発なのでスカイライナーで成田空港を目指したのだが、今はネットで予約/決済ができるスカイライナーはとても便利です。
私の自宅からは、成田空港を目指しても羽田空港を目指しても実は大して時間は変わりません。心なしか成田が近いような気がします。乗り換えは日暮里になるので浜松町の乗り換えよりは楽だなぁと感じます。

事前に座席の予約はしてあったようです。
小さな機材で3−3の配列で通路側でした。

IMG_7891.jpg

朝ごはんも食べておらずお腹をすかせて空港に向かっていましたのでお寿司と茶碗カレーをいただきました。お寿司は味が落ちましたかね。久しぶりのお寿司でも食べようと思って食べてみましたが、ここでのお寿司はもう期待できないものになったようです。正直なところもともと大して美味しいとは思っていませんでしたが、さらに落ちたように思います。色の悪い薄いマグロには食欲がわきません。

IMG_7889.jpg

釜山までのフライトではほとんど寝ていたように思います。
機内食が出たのか食べたのかそれすら記憶がないようでは、やはり寝ていたのかもしれません。ほぼ定刻に到着しました。
ここからソウルへはまずは大邱行きのバスに乗ることにしました。約1000円です。一般バスの料金ですが、座席は2−1の優等バスの配列でした。

IMG_78901.jpg


バスは頻度高く運行しているようですぐにやって来ました。
乗客も少なく快適な移動となりましたが、釜山駅経由でソウルを目指すのとどっちが早かったのかは今もってわかりません。

IMG_7903.jpg

暑い日本を離れてやって来た韓国は少しだけ過ごしやすく感じましたが、韓国も梅雨の季節になっていることもあり雨に当たることもあって全て快適とばかりは行きませんでした。そして短くはありますが、非日常の韓国旅行を楽しむことができました。


今回、以前記事にしたAISのSIMを使って旅をしましたが、非常に快適だったことを付け加えておきます。日本でSIMをアクチベーションしておいたらsoftbankの電波を拾っていましたが、現地に到着すると自然にSKTの4Gの電波を拾い安定してローミングしていました。韓国旅行でこれ以外のSIMは考えにくいですね。もしSIMフリーのスマートフォンをお持ちであれば、AISのSIMの一択だと思います。

下記に広告を貼っておきますが、このSIMは1400円で買っていますが、価格は変動していますが基準になるのは1400円かなと思います。Amazon.co.jp が発送する場合は1580円するようです。販売業者も複数ありますが、どこでも中身は同じだと思います。
まぁ、どこで買っても値段も大して変わりませんので在庫がある所で手配されるのが良いと思います。

※しばしば在庫切れしていますので必要な時には早めに手配されるのが良いと思います。


さて次回は、ホテルの様子をご案内しましょう。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

関連記事

【2017年7月韓国旅行】ホテルはパークハイアットソウルを手配(2)

どうしようか思案していたホテルですが、パークハイアットソウルを予約しました。
今期ハイアットはもうダイヤモンド会員を維持するのは辞めにしたので、ポイント消化という意味合いがあります。また今回はアワード予約ということもあり直前までキャンセルが出来るというのもその理由です。ついでなのでスイートアップもかけておきましたので、タダでスイートが確定しました。
でもそこまでしちゃうと泊まらないとマズイなぁ。せっかくですしね。

2013-4-IMG_7655_20170701112828478.jpg

パークハイアットソウルのスイートは枝番05の部屋が好きです。今回もそうなるのだろうか。
ハイアットのダイヤモンド会員ステータス維持をやめにしたことはとっても残念です。このパークハイアットソウルも気軽に泊まれなくなっちゃいますしね。今まで幾度となく泊まってきたパークハイアットソウルですが、今回が最後になりそうです。
わかってはいたことですが、ハイアットはやはり好きなんですよね。だけど60泊もしてダイヤモンド会員維持をするのは正直なところアホらしい。比較的安いHR大阪を1泊2万円程度で泊まったとして120万もかかります。そこまでお金出して維持するほどの資格ではないと思っています。だからハイアットはおしまいです。
今期維持したところでこれから老後を迎えるので、やがては会員資格を失います。ちょっと早いか遅いかの違いです。それならライフタイムを得られるSPGに絞って、ハイアットは今の段階でおしまいにしたというところです。

キャンセル可能なアワードとは言え、今回はいい機会だと思っています。最後のパークハイアットソウルを楽しんできたいと思っています。

そうそう私のホテル遊びの掟があります。
『アワードの時は部屋に落とす』です。アワードで泊まる時は無償あるいはCash&Pointにしても格安で泊まることになります。稼働の高いとき、価格の高いときに利用させてもらうことが多いので、そういうときに格安でというのは私のホテル遊びのマナーに反します。そういうときにはレストランなどお部屋にお金を落とすというのが私のオキテです。スマートに使ってこそ大事にされます。いかにお金を使わないで済ませるかと言う発想はありません。まぁ、わたしなりのホテル遊びのオキテですので正しいというものではありませんが、ただ今回は短い旅程なのでお金が落とせるかというとちょっと難しいです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【2017年7月韓国旅行】やばい韓国行かなくちゃ!(1)

週末を利用して韓国へ行ってきました。

今回は釜山発の航空券(釜山/成田/沖縄/成田/釜山)の最終区間を使い急遽行ってくることにしました。行かないと航空券が失効してしまいます。1年有効の航空券なので有効期限が来てしまいますのでJALに電話して予約したのでした。韓国発券の航空券は行きたい時に行ってくることができるので便利な航空券です。

復路は、JAL便でソウル/東京/福岡/東京/ソウルという発券をしました。ビジネスクラスにアップグレード可能な運賃ですが、ソウル路線でビジネスクラスにする必要はないので、今回の復路もそうですがエコノミークラスのまま乗ります。
第1区間のみ確定させて、あとは適当なダミー日程での予約です。ノーショーしないようにだけ気を付けて少し先の適当な日程で予約を入れてあります。今回も<世一旅行社>を利用しての予約/発券です。

SS 2

今回は、まずは釜山IN、そしてソウルOUTの旅程です。
途中何をするのか、まったくもって未定です。素直にソウルを目指すのか、途中の街を歩くのか。それはおいおい考えるとします。
ホテルはどうしようか、行く場所が決まっていないのでホテルの予約のしようがありません。昔のようにホテルは行きついた街で探して泊まるか、それとも予約していくか。うーん、どうしよう。今さら韓式旅館もしんどいなぁ。やっぱりホテルかなぁ。これ、ちゃんと考えないといけないですね。

まずは久しぶりの韓国の旅が確定しました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【SPG】アリババ会員にマリオット上級会員付与へ

アリババで取引の多い顧客をマリオットの上級会員として迎えるプログラムを始めるそうだ。
何気に読み飛ばしていたニュースであるが、これは実に示唆に富む奥の深い記事である。
ひと言で言えば、サイアクである。

合弁会社を作るに際して、アリババは会員プログラムを刷新し、利用額が多い顧客にマリオットの上級会員の資格を付与する。顧客は部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの優遇を受けることができる。

2017-08-021.png

中国人の旅行熱はすさまじい。
それは海外を旅したひとであれば、ううん、国内においても目にしてきているはずである。その数がとてつもない。そしてマリオットの上級会員を自動付帯にしたならば、マリオットにたくさん流れてくる。
上級会員のベネフィットである部屋のアップグレード、朝食、ラウンジ、レイトアウトなどを付与される人が桁違いに増えてくる。それはもう桁違いであろう。
アリペイのサービスの会員数は4億5000万人である。付与基準がわからないが上位1%に資格を付与したとしても450万人である。桁が違うのだ。
日本人の上級会員なぞ数もたかが知れている。日本人は権利を主張することもなく中国人の上級会員に完全に吹き飛ばされてしまうのは目に見えている。アップグレードは期待できなくなり、ラウンジはけたたましく酒場と化し、朝食会場だって騒々しい。

中国人の富裕層や中間層はものすごく分厚い。はっきり言ってその辺の日本人なんかに比べてはるかに豊かな人が多い。何と言っても人口が桁違いに多く中間層、富裕層が分厚いのだ。
2015年のデータになるが現実的に中国の平均年収は747万円(農村部を除く)である。日本はどうかというと420万円だ。平均所得では中国の方が多いという事実を改めて実感する。
中国では平均年収以上である750万円以上の給与所得がある人口は1300万人ほどいるそうだ。日本で750万円以上もらっている人口は400万人なのである。この中間層だけでも日本よりはるかに多いのが現実である。
加えて書いておくと750万といっても家賃は必要のない人も多い。ご存知の通り住宅は国が与えた。そして開発の名の下に立ち退かされて億ションに等価交換で住んでいる人も多い。私の知り合いの上海人は立ち退きで億ション2つを上海の一等地に持っている。一つを賃貸に回して働かなくてもいいと言っていた。

そういうゾーンがマリオット(含むSPG)に流れてくる。
わたしは、結構危惧している。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。




세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【旅行】東南アジアに沈没中

夏休みというか1月に取れなかったリフレッシュ休暇の消化というか、急遽休みを取ることにして東南アジアにやって来ました。いつものように目的にない旅行なのでホテル滞在くらいしかすることがありませんが、ちょっとばかりアジアの空気を吸いに来ました。

そう、やってきたのはバンコクです。
ホテルはCash&Pointの格安で。
にもかかわらず予想以上の素晴らしい部屋になりました。カロラインアスタースイートというカテゴリーで角部屋のスイートです。広さはどうだろう、100平米くらいでしょうか。広すぎず狭すぎずでちょうどいいです。
川沿いのオーキッドシェラトンにしようかなと思っていたのですが、セントレジスが110ドルだったので選んだホテルでしたが1泊10万円くらいの部屋にしていただき恐縮しています。ちゃんと部屋付でお金落としますね。

IMG_8293.jpg

このビューバスは最高ですね。材質もよくどっしりしています。
眼下に広がるゴルフコース。ここが都会の真ん中であることを忘れさせてくれます。

IMG_8254.jpg

お部屋のスイートアップも随分すごかったですけど、今回のウェルカムアメニティがすごい。
ビールの拡大画像ですが、6本もあります。そのほかにはワインボトルもあったりしてショートステイでは飲みきれないボリュームです。ここまでのウェルカムアメニティは経験したことがありません。かなり特別な扱いをしていただいたようです。

IMG_8243.jpg

朝からビールを飲んだりしてすでに酔っ払いで一歩も外に出れないです。


※シーツにシワがありますが、1晩寝た後にベッドメイクしてもらった後だからです。寝る前は綺麗でした(汗)

関連記事

【その他】積水ハウスが地面師にやられるとは

yahoo!のニュースで取り上げられているのでご存知の方も多いかと思いますが「積水ハウス」が、8月2日に出したIR情報で70億円(63億円が払い込み済み)の土地取引において事件が発生したことを報告しています。

2017-08-0507.png




そこでは詳しく書かれていませんが、これは東京五反田の一等地の約600坪の土地取引で発生した地面師事件です。
いまどき地面師だなんて本当に驚きますが、そんな事件が勃発したのです。

JR五反田駅から目黒川の方向に向かうと古ぼけた屋敷があります。ところどころ壁が崩れかけていたりしますが、表の表札には「海喜館(うみきかん)」という看板が出ていて旅館だということがわかります。
駅から3分でかなり結構まとまった土地ですので、格好の不動産取引の対象でしょう。多くの不動産業者がこれまで取引したいと願っていたはずです。

所有権者は個人で1人です。不動産登記簿謄本によれば、抵当関係には何も記載されていないことから権利関係がシンプルなので、所有者本人の承諾が得られればこの一等地を手に入れることができます。不動産の世界で生きている人であれば、どうしても取引したい土地と言えます。

それにしても移転登記前に63億円もの支払いがされていますが、少し特殊な取引だったのでしょうね。
何としても取引したい積水ハウスは通常ではあり得ない支払いを先にしているように思います。つまり地面師のいいなりになって前払いしているという感じがします。
※このあたりは宅建主任士ではないので正確にはわからないですけれど。

不動産取引には、不動産業者、購入者、司法書士、弁護士など多くの人が関わります。これに当事者(地面師グループ)が加わりますが、犯罪者は地面師のみなのかその他にも取引に加わった人の中にいるのかいないのか捜査はこれからでしょうけど、単独でできる犯罪ではなく複数の関係者がいるはずです。この事件の続報が待たれます。

担当した積水ハウスの営業マンは、解雇されることはないでしょうけれど、大きな懲罰を食らうことになろうかと思います。居づらくなってやめてしまうことも考えられますし、管理職であれば降格は普通のことで生涯管理職に戻ることはないでしょう。そして司法書士の処分は重たいはずです。土地の所有者の本人確認を怠った(もしくは不備があった)ことから発生している事件と考えられますので、巨額の損害賠償請求があるはずです。もちろん支払うことができる金額ではありませんので自己破産するしか道はないはずです。

五反田駅徒歩3分。600坪で70億円。坪単価1200万

目黒区(ここは品川区)は最も土地の高いエリアです、調べてみるとこの坪1200万ほどの価格は適正な相場観でしょう。
やっとつかんだ売買契約。誰もが狙っていてそれが自分たちに転がり込んできたチャンス。通常あり得ない不利な支払い条件も丸呑みで取引を実行した。そして引っかかった犯罪。
そう考えると担当の営業や司法書士だけではなく、こういう特殊な取引を承認した積水ハウスのコンプライアンスの体制に大きな問題があるという気がしてなりません。まぁ、素人考えなのでこれが普通の取引ならばなんだか不思議な世界です。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。




세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【出張生活】出張生活10年目に突入

これまでも何度か書いてきていますが、出張生活が始まったのは、2008年9月からです。
丸9年が過ぎ10年目に突入しようとしています。

出張生活に入った当時は、リーマンショック後で東京での私の仕事がなくなりつつあり退職しようかと考え出した時にたまたま関西での欠員がありアサインされての着任でした。あれから10年になります。
9年に渡って東京ー大阪行ったり来たりの生活をしてきました。
写真は、2015年のある月の様子ですが、こういうノマドな生活を延々丸9年間も続けてきています。

2015-02IMG_7995_20151206104742c63_20170805200344dc3.jpg

幸いなことに会社の経費を使って飛行機に乗り、憧れだったANA–SFCも取得し、ついでのJAL–JGCまで取得することができました。
リーマン後でありホテルの稼働も低く旅行者も出張者も少ないこともありスターウッド(SPG)系列のホテル(+ハイアットも)にも7000円−8000円代ほどの格安で泊まるようにもなりました。
そして今では、SPGライフタイム会員を意識するようにもなりました。SPGのマリオットへの統合によるルール改変までに間に合って順調にいけば来年の春には到達できるところまできました。それがこういう生活を続ける励みにもなっています。
年間150泊前後×9年ですから、この9年で1300泊前後のホテル暮らしです。365で割ると4年間ずっと丸ごとホテルに泊まっている計算になります。丸4年を毎日ホテル暮らしだと考えると限界を超えているとさえ感じます。まともな社会生活が送れないです、これでは。

今では、ホテルも高騰しており予算を越える価格になり泊まれなくなったホテルも数多くあり、足が出ることもしばしばですが、まぁ、健康のためには仕方ないと割り切って自腹持ち出しが続いています。毎月の出張で数万円も足を出していますけど、いいのです。予算以内のホテルに泊まれば足はでませんけれど、それでは多分この出張生活が嫌になって続けられなくなります。
幸いなことに昨年秋からは少し価格も落ち着いてきて、今年は昨年ほどの持ち出しは無くなりましたが、それでも以前持ち出しは続いています。

多頻度で泊まっているホテルにはとても大事にしてもらっています。ここでは詳しく書くことができないような対応をしてもらっていて恐縮しています。
そういうサポートがあるから、そんな風に大事にしてもらっているから、この生活が成り立っています。

現役のビジネスマンとしての賞味期限も5年を割ってしまいました。最後まで続けられても最大であと4年半ということです。自分の中ではビジネスマン生活は半年以上2年半未満だと思っていて残り少なくなってしまったビジネスマン生活、そして出張生活を大事に楽しみながらできればいいなと思っています。

出張生活もだいぶ長くなりました。
あと少しばかりですが残りの出張生活を続けていければいいなと思っています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

 

세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【JAL】マイルでカード年会費を支払える

JALのシステムが変わることは以前アナウンスしていますが、そのシステム変更の一環で「マイルでJALカードの年会費」が支払い出来る様になります。

これって便利なのだろうか?
これってお得なんだろうか?

◽️マイルで年会費


2017-08-051820.png

2017-08-0531.png

JAL-JGCカードの年会費は20000円近くしたと思うのでが、これをマイルで支払うとすると2万マイルほどで支払えますけど、さすがにこれはお得とはいえそうもないなぁ。2万マイルためるのは結構大変なのに2万マイルというということはあまりにもレートが悪すぎますね。

このHPを見ると注意点がいつくかある様で、特典交換したマイルは「JALカードポイント」への交換が必要だとのことで、「JALカードポイント」という新しい概念が生まれているようです。これもなんだかややこしいぞ。中高年にはついていけないや。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事
Category : JAL