マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とSPGライフタイムプラチナ生活の毎日を綴ります。

【暮らし】赤羽は危険な街だ。

赤羽を散歩した。
この街は危険だ。

北区赤羽。東京のハズレにある街。川を渡ればそこはもう埼玉だ。赤羽はそんなところにある。
ここが東京というのが不思議だ。東京のニオイがしない街だ。

JR赤羽駅の東側に出た。
することもなくベンチに佇む人が多くいて、よく見るとカップ酒や缶チューハイを右手に握りしめている人が目立つ。危ない、近づいちゃいけない雰囲気が漂っている。広場を離れてまずは、右側に行ってみることにした。

sIMG_0623.jpg

そこにあったのは風俗街だった。
風俗店の間には立ち飲みの店が目立つが、昼間っぱらから鈴なりだ。ここではおやぢばかりなく若い女性も昼酒をあおっている。若い女性が来れば、若い男もやって来る。まぁ、そんなもんだろう、健全といえば健全で隣の風俗店舗に入って行く人は見当たらなかった。
パトカーが赤灯を回したまま止まっている。よく見ると誰も車内にはいない。周囲を見渡すと若い男性2人を捕まえて職務質問をしている。何をやったんだ、あいつは。

sIMG_0565.jpg

大きなアーケードの商店街に向かったが、ここはなかなかすごかった。
明るく広いアーケードで、なんだってあった。美味しそうな飲食店はあるし、このアーケードの中で1日3食1週間食べても飽きはこないほどだ。洋品店もあるし八百屋もある。コーヒーショップだってある。ちょっと激安本舗という八百屋に人だかりができていたのでのぞいてみたのだが、これもすごかった。

sIMG_0571_20180325185338dc1.jpg

何と言っても安い。
何から何まで安い。
野菜が高いだなんてニュースでは言っていたが、そんなのは一体どこの世界の話なんだろう。この八百屋の近くで暮らしたならば生活費を三分の1にすることができるのではないだろうか。食パンも87円だったし、昭和の時代の価格水準のようだった。思わずたらこは買ってしまった。199円なり。これは相場の半額だな。

sIMG_0572.jpg

このアーケードにはなんだってある。
ダイエーもあれば西友だってある。学校だってある。
学校にはこのアーケードから入る形になっていたが、こんな繁華街に中学校があるなんて驚きである。誘惑が多いエリアでもあるのでちょっと心配になってしまうが、荒れた生徒は見かけなかった。校舎はRC造の打設したコンクリートが見事なほどに美しい校舎であった。


さぁ、方向を変えよう。
アーケードを戻り、赤羽駅方面に向かう。素直に駅に戻れば無事に済むのだがちょっとキョロキョロするとやばい。ちょっと横道に逸れてしまうと、そこはディープな世界だった。
おでん屋には長蛇の列ができている。昼間っぱら飲み屋は賑わっている。どの店も昼間っぱらから酔客で鈴なりだ。見かけた赤羽トロ函の店先でかまトロを焼く匂いに足が止まってしまった。

sIMG_0614.jpg

フラフラと煙に巻かれて入ってしまった。
すぐに七輪を持ってきた。七輪が置かれたならば何か焼くものがいいだろう。焼きガキを頼んだのだが、ホッケは頼んでいない。まぁ、いい。そんなこともある。いろいろ食べたが、いずれも味は良かった。値段も安い。ここは赤羽だもの、高かったら話にならない。大いに満足した。

sIMG_0599.jpg

sIMG_0600.jpg

昼間から赤ら顔して足元がおぼつかない。
なんとか電車の乗ろうと改札に向かったが、ちょっと待った。大事なことを忘れていた。
この街に来たならば、赤羽あんこに寄らないと話にならない。そもそも僕は赤羽あんこを食べにこの街に来たのだった。
かろうじて赤羽あんこのことを思い出して買うことができた。

sIMG_0628.jpg

赤羽あんこを食べたことがあるだろうか。
美味しいと言ったらありゃしない。
あんこの種類はいくつもあるのだが、僕はいつだって小倉あん+ホイップの一択である。まぁこのあたりは好みなので好みの餡にするといい。赤羽駅に降り立ったならば、赤羽あんこに寄るがいい。そこらかしこで頬張っている人がいる。僕だってその場で頬張った。

赤羽は危険な街だ。
ちょっと赤羽あんこを買いに行っただけなのに、それだけでは済まない街だ。なんだってある。風俗街はあるし立ち飲み屋だってあるし、アーケードはあるし、学校だってある。昼間っぱらから酔っ払った老若男女であふれている。
赤羽は危険な街だ。ううん、違うな、赤羽はサイコーだ。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事
スポンサーサイト

【SPG】GREAT WEEKS, GRAND WEEKENDSキャンペーンの結果

スターウッド(SPG)で1Q(1月から3ヶ月間)行われていた『SPG GREAT WEEKS, GRAND WEEKENDSキャンペーン』ですが、結構渋かった。

週末はほとんど泊まらないので、平日のダブルポイントがそのほとんどで、表示されている5442ポイントの他にまだ加算されていない1回分の滞在があるので、加算されても200ポイント前後でしょうから、5600ポイントくらいということになります。期間中31泊でこれですからねぇ。

その前のキャンペーンが爆裂(35000ポイント獲得)でしたので、がっかり感が漂います。同じくらい泊まっているんですけどね。こんなに違うなんて。
まぁ、キャンペーンがあってもなくても泊まりますし、余分にもらえるボーナスポイントなのでありがたいといえばありがたいです。

2018-04-15 63222

次回2Qのキャンペーンは4月16日から3ヶ月間。
画像にある通り、3泊目からボーナスポイントの対象で1泊あたり250ポイントが加算されます。
この期間も多分おそらく同じ程度泊まるでしょうから30泊くらい泊まると思います。7000ー7500ポイントくらいが獲得予想なので前回よりはほんの少し良いという感じになりますかね。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ


関連記事

【SPG】シェラトン都ホテルのリノベーションルーム

この日大阪での宿泊は、どこも高稼働で満室御礼のホテルが続出。
泊まるホテルがなくてどうしようかなと悩んでいたところ、シェラトン都ホテル大阪に急に空室がでました。これ幸いと当日予約をしました。

そういう状態ですのでどんなアップがあるかは期待できません。
当日ホテルにチェックインするとやはりいつものようなアップにはなりませんでした。リニューアルしたお部屋ですと案内されて鍵をわたされました。10Fだったと思うのですが記憶が多少曖昧です。

部屋に入ってみるとなんとも素晴らしい。
全てが一新されており、とても明るいのです。その明るさが以前の部屋とまるで違うのに驚きました。うん、これなら満足です。



コーヒー類がないのがちょっとなぁという気もしますけれど、実用的で座り心地の良いソファー。
コンテンポラリーでセンスの良いインテリアは好みのタイプです。
テレビもケトルも全てが一新されて快適な滞在ができます。

sIMG_0649.jpg

水周りも一新されました。
床も肌触りが良いですね。滑り止めの加工もいい感じがします。

sIMG_0655.jpg

ちょっと調べてみると記事が出ていました。
部屋は11階で、50客室と廊下などの共用部を改装したようです。標準仕様だった客室を、国内外の観光客を見込んだ「プレミアムフロア」に一新し、宿泊代を従来の約3万5千円(2人で1泊1室)から1万円程度上げ、客室単価の向上を狙うそうです。折り紙や扇子をモチーフにした壁掛けなどのインテリアを飾り、インバウンド(訪日外国人客)に好まれるデザインを意識したのだそうだ。

宿泊客が外出先に持ち出して電話やインターネットを利用できる無料のレンタルスマートフォンも全579の客室に導入。観光スポットの情報収集にスマホを活用する外国人客の利便性を高める。

それにしてもここは579部屋だったんですね。これは満室という日がここ数年しばしばあります。
価格は一時期に比べて落ち着きましたがそれでも高い日も多くて予算よりちょっと足が出ることがしばしばです。


この改装がどんどん進んで行くのを期待しています。まったく同じホテルとは思えないほどのリニューアルで、明るい部屋になって設備も大きく変わってとても良いと感じました。古いスイートもいいけれど、この部屋も大好きです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【SPG】悲しいお知らせ、SPGカードからのマリオットゴールドはゴールドへ格付け

諸説飛び回っていますが、多くの方の感心ごとではないかと思います。

SPGカードで得たSPGゴールドをマリオットゴールドにステータスマッチしてえられたマリオットゴールドはゴールド?プラチナ?


私は、どんなルートで得た資格でもゴールドは立派なゴールドであり、新しい資格はプラチナになるものと思っておりました。
気になっていたので、SPGに確認しましたところ「残念ながら、ゴールドになります」との回答を得ました。

new.png



これはとても残念な報告となります。
現在のSPGアメックスカードはホテルステイということで考えるならば、魅力的なカードでしたが、これからは魅力のあまりないカードになります。新しいゴールド会員資格は、魅力に欠けます。
これならヒルトンゴールドカードのほうが、コストパフォーマンスは数倍良いですね。
航空会社のマイルをためるには良いカードですので、引き続きよいカードではありますけれど、ホテルへの期待(朝ごはんやラウンジアクセス)はできないカードになってしまいました。
この年会費を払ってまで、敢えてホールドする価値があるのか否かは個々人の価値観なれど、悩ましい選択をすることになろうかと思います。

私自身は気になるカードですが、ホールドしたことがありません。年会費が高すぎます。
これからもっと良いカードが出るかもしれません。ただもっと年会費が高くなることが予想されます。
なにがベストなのかは大いに悩んでほしいなと思います。





関連記事

【SPG】ライフタイムプラチナ(LTP)になって何か変わったか?

3月にSPGにライフタイムプラチナ(LTP)になりましたが、何か変わったことがあったか?
結論を言うと、何も変わっていない。

ほとんど国内でしかホテルは泊まりませんし、LTPになって海外では泊まっていませんし、おまけに私が泊まるところはいつも馴染みの国内のホテルしか泊まらないので何も変わることがありません。
お部屋は、以前から十分に素晴らしい部屋をアサインされていますしね。もちろん満室表記でふっと空室が出た時に当日宿泊を予約してもそれでも満足できる部屋にアサインいただきます。でもこれはライフタイムプラチナだからというわけでもないし、LTP向けの特別なものはないような気がするんですよね。
もちろんスターウッドはLTPに特別なベネフィットがあるとは言っていませんしね。





ライフタイムプラチナは、多頻度で泊まらなくなった時に威力を発揮します。
プラチナ会員を維持していくのはなかなか大変です。それなりの宿泊頻度が必要ですので、よほどホテルが好きか旅行好きでないとプラチナ会員を維持するのは不可能だと思います。たまには良いホテルに泊まりたいよねというレベル感では維持ができないほどの宿泊頻度が求められます。
それがこのライフタイムプラチナではたまに泊まる程度でもプラチナ会員扱いされるということくらいのものなのではないかな。もちろんまだまだ会員数が少ないだろうし、長年の多頻度顧客でしょうから大事にもされましょうけども。
現在は、現役のプラチナ会員で年間100泊を超える多頻度会員ですのでライフタイムプラチナとしてのベネフィットというより多頻度プラチナ会員としてのベネフィットを感じることが多いのかもしれません。

SPGプラチナに関しては、この会員資格は決してジョーカーではありません。
プラチナは最上級会員ランクですので最上級としての幻想もあろうかと思いますが、部屋のアップグレードに関してはクラブフロアになる程度です。それ以上に関しては50泊会員ベネフィットでスイートアップアワードを持っている方が多いのでそちらが優先されます。運が良ければそれ以上もある可能性があるという程度です。ベネフィットは朝ごはん+ラウンジと思っておいた方が良いです。ただそれだけでも十分に満足できると思います。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【SPG】速報!SPG+マリオット新プログラムが発表されました

SPGとマリオットの新プログラムが発表されました。
概要だけ、お届けします。
これまでと変わらずMarriott Rewardsという名称のようですが、正式な名称変更は2019年に決まるようです。
気になる変更点などはよくある質問を読んでいただくとよくわかりますよ。

https://members.marriott.com/ja-jp/

◽️資格は5段階。
流れていた情報通りでした。ベースメンバーを加えると6段階になります。

・シルバー      10泊
・ゴールド      25泊
・プラチナ      50泊
・プラチナプレミア 75泊
・アンバサダー   100泊20000ドル

ラウンジアクセスはプラチナ(50泊)からとなりました。
朝ごはんは、プラチナ会員ベネフィットからの選択制になりました。よくあるポイント、朝ごはん、アメニティからの選択という形です。ラウンジアクセスができるホテルであれば、朝食を選択しないでポイントにするという手もありますね。ラウンジ朝ごはんは嫌だという場合やラウンジがないホテルの場合は、朝ごはんの選択がいいかもしれませんね。
結構これ、国内宿泊の際には地味にダメージあるなぁ。
今はランジアクセスした上で、500ポイントをもらっていたりますので、朝ごはんはパスして500ポイントをもらおうかなぁ。

年間50泊、75泊した時に選べる特典は、継続されました。
スイートナイトアワードなどは、プラチナ(50泊)からとなっています。以前と異なるのは年間10泊ではなくて年5回ということです。これはどういうことなのかはわかりませんが、FAQを読むと5泊とも読み取れるのでなんとも魅力半減ともいえますね。
50泊して5泊獲得し、75泊してまた5泊獲得しないとこれまで通り10泊にはならないということのように思えます。
スイートへの障壁を高くしたといえますね。
これは結構意味があります。つまりプラチナになればスイートにアップグレードされるということは極めて稀ということになります。実はこれまでもそうでした。プラチナになればスイートも可能とはいえ、滅多にあるものではありません。
スイートアップは、このスイートナイトアワードでねということを意味していますが、プラチナ以降は、一応、セレクトスイートまではアップの対象としてありますのでこのあたりの運用はこれまでと変わらないかもしれません。

Your24はあまり使わないサービスですが、100泊以上のアンバサダーサービスになっていました。

個人的には、年間100泊はしていても2万ドルは使っていないと思うので、8月以降はアンバサダーからプラチナプレミアになるということなのでしょうか。FAQを読むとどうもSPGの方は2万ドルを使っていなくてもしばらくはアンバサダーのようですが、次回更新時に陥落ということになりそうです。



2018-04-1753342.png
2018-04-1753403.png
2018-04-1753420.png




◽️ライフタイム制度
予想に反してプラチナプレミアやアンバサダーのない、3段階できました。シルバー(250泊5年)、ゴールド(400泊7年)、プラチナ(600泊10年)。
2つのプログラムで宿泊実績がある方は、これはどう読んだらいいのか私にはわかりません。宿泊実績を合算するようには読めませんでしたので、うーん。

※FAQを読むとこれは合算されるようです。
※旧制度でライフタイム会員資格を取得するには、2018年末までに必要な滞在を完了する必要があります。つまり今期SPGでライフタイムを狙える方は今期到達しておくのが良いです。600泊基準に引き上げられるより500泊基準で到達するのがいいですものね。

個人的には、600泊10年は超えていますので、もうこれ以上のライフタイム資格はなくなりました。750泊10年というのはできませんでしたね。その代わり500泊10年を600泊10年に引き上げた感じがします。マリオットは上級会員年数制限がありませんでしたが、これは年数の概念のあるSPGの制度を引用した形になります。

2018-04-1727.png
2018-04-1756.png

◽️特典チャート
7−8段階になるようでチャートが出ていましたが、これはどのホテルがどのカテゴリーになっているのかまだわからないのでなんともいえません。またキャッシュアンドポイントなどはこれまで通りあるようなので、よかったですね。
ピークとオフピークの設定ができたことは、ちょっと残念。まぁ、合理的に考えればそれが正しいので仕方ないですね。


2018-04-1748.png


◽️その他
【アカウントの統合】
8月までは、これまで通り別々です。 両プログラムのアカウントを、1つの会員番号、1つのログイン情報、1つのプロフィールを持つ1つのアカウントに統合する手続きの準備が整い次第統合とのことですが、8月までには統合されそうです。

【クレジットカード】
USでは新たに年内に追加で発行されるようです。日本に関しては記載がないためわからないですが、アメリカンエキスプレスから出るようですので、日本でも発行されそうですね。

【航空会社へのポイントの移行】
私は使わないのですが、これはこれまで通りですね。2万ポイントで25000マイルということのようなので、これが目当ての方には朗報といえます。

【初期格付け】
もしかしたらこれを一番気にされている方も多いかもしれません。
マリオットのゴールドの方は、プラチナへ。プラチナの方はプレミアプラチナへと格付けされますので、主としてspgカードからステータスをコンバートされたからは十分満足されるステータスへと格付けされます。 詳しくはFaqを読んでみてください。

※これは、間違いでした。
SPGカードからステータスマッチで得たマリオットゴールドカード会員は新プログラムではゴールドへの格付けとのこと。 非常に残念な、報告となってしまいました。これはSPGサイドからの正式な回答です。


全体的に思うのは、SPGアメックスの会員で得たSPGコールドは大した資格ではないですが、マリオットにリンクするとゴールドにコンバートされていますので、それが新プログラムではプラチナになります。リンクしてもらった資格に有効期限があるのかは私にはわかりません。新プラチナはラウンジも朝食も付きますので、非常に良い会員資格になります。一方でコツコツ50泊するのはかなり難易度が高いので、3万円払ってカードを取得した方がいい感じさえします。
カードを持っている限りプラチナだとするとライフタイムプラチナと変わりないので、わざわざ多頻度でホテルに泊まって会員資格を得るより、このカードを取得するほうがいいんじゃないかなぁと思いますね。
※このあたりの解釈はルールか正確にはわかりませんので間違ってるかもしれません、お許しあれ。





関連記事

【JAL】JGCタグ3種類

JALのタグが3種類。
左端の細長いのが、JALグローバルクラブに入った時にいただいた通称JGCタグです。

このタグがもらえた時はうれしかったなぁ。
それまで3年ほどANAに乗っていて快適な出張生活を送っていましたが、出張生活はいつまで続くかわからないし出張があるうちにJGCも取っておこうと思ってJALに乗るようになってもらったタグです。
この年は2011年だったと思うのですが、一気にダイヤモンドにまで到達して以降ずっとJALダイヤモンド生活となっています。

真ん中のタグは国内線300回搭乗した際にもらったタグです。
2014年の5月に到達して2015年の秋にいただいたものです。
それまで300回基準というものがなくて2014年だったかにできた基準です。JGC会員向けに亀タグの制度は昔からありましたが、 JGC Life Mileage というものが正式にスタートした際にできた基準でいただきました。
亀の形はしていないので亀タグとは言えないような気がしますが、亀タグのエントリーのようなタグです。かなりガッチリしていて質感のあるものです。

右端のタグは、通称緑カメ
国内線であれば500回搭乗、国際線であれば25万マイル搭乗でもらえるものです。
私は国内線組なので500回乗っていただいたものですが、2016年2月に500回に到達でしたので、JALに乗るようになって4年10ヶ月での到達となりました。

sIMG_0632.jpg

次にもらえるタグは、通称茶ガメ
国内線で750回搭乗でいただけるものですが、この記事を書いている4月上旬段階で国内線は730回の搭乗なのであと20回の搭乗をした後になります。到達するのは、5月か6月ということになります。毎年4月末段階で締めを行いますので私に送られてくるのはそれから1年ちょっと経った2019年10月くらいになると思います。焦っても仕方ありませんしね。早く欲しくて必要もないのに乗るということはしたくないので自然でいいのです。

ここまではほぼ確定しています。
緑色のタグをもらえればそれで十分でした。それが次なる茶色がもらえるところまで来ましたのでもう十分すぎます。
これからどれぐらい仕事生活が続くのかわからないのですが、1年後だとすると月10回乗るとすると850回まで行きます。次なる赤色のタグ(通称赤ガメ)まではもう1年ほど仕事生活を続ければもらえる計算です。だいたい年間120回ほどは乗りますので今から2年ほど仕事を続ければ到達するんですよね。
さぁどうしようかな。でも1年後のことさえ想像がつかないのに2年後のことなんて考えられません。ひとまずこれから1年は頑張ろうと思っていますが、2年先のことなんてさらにわからないです。

今はまだ今後のことは白紙なのでこの先どうなっていくのかわかりませんが、これまでもタグの基準に到達することが仕事することへのモチベーションの一つにもなっているんですから不思議なものです。上手に踊らされているような気もしますけど、どうせ仕事するなら楽しくやらないとね。そう、仕事を通して遊ぶというのが私の仕事との向き合い方です。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事
Category : JAL

【JAL】来期サファイヤ到達

4月の中旬、来期サファイヤ基準に到達しました。

31回搭乗での到達となります。期間中国際線はシンガポールへ出張に行った2フライトのみなのでほとんどが国内線です。例年ほぼ国内線ばかりで大体9割が国内線、残り1割が国際線という感じのフライト状況です。

2018-04-1461159.png


そういうこともあって、ライフタイムのフライト総数は 800回(国内線729回 国際線71回)という状況です。亀タグ基準の国内線750回に到達するのは6月あたりという感じですので、茶色の亀タグには到達しますが、手元に届くのは2019年の秋口ということになりそうですね。4月いっぱいに到達できていればもう1年早く今年の秋には到着するんですけどね、お楽しみはちょっと先です。

ここまでくるとどうしようかと迷います。
何を迷うかって?
1000回まで乗るかです。

国内線は1年に120回くらい乗ると計算すると2年で250回くらいになります。この6月に750回乗った後にその後2年乗れば1000回乗ることになります。今の仕事を続ける限り年に120回前後は乗るでしょうから2年続けると1000回にはなる。そうなると引退は2年先延ばしになって58歳まで仕事するということになります。

JAL国内線で1000回乗るには、あと2年仕事する。
仕事する=飛行機に乗るなので、アホやと思いつつもそんなことが気になっています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事
Category : JAL

【SPG】統合プラグラムの発表は4月17日火曜日です

SPGとマリオットの統合プログラムの発表は17日火曜日の朝5時30分です。
さぁ、どうなるんでしょう。いい感じになるのか、がっくりとなるのか、心待ちにしています。

リークされて漏れ伝わってきている情報は、それらしい内容になっています。
多くの方に関心があると思われるのは、次の数点ではないかなと思います。

1.マリオットGold(50泊レベル)に朝食とラウンジはつくか?
2.SPG-PLTに朝食とラウンジがつくか?
3.マリオットGold(50泊レベル)はどこに格付けされるか?
4.SPG-PLTはどこに格付けされるか?
5.SPG-PLTのスイートナイトアワードはどうなるか?
6.SPGライフタイムはどうなるのか?


答えはやはり発表を見てみないとわからないですね。
ただこれからのステータスが、下記のように5段階だと言われていることから考えると、何と無く想像がつくものがあります。

・シルバー     10泊
・ゴールド     25泊
・プラチナ     50泊
・プラチナプレミア 75泊
・アンバサダー   100泊20000ドル

以下は私の想像です。

50泊会員である現在のマリオットGoldはプラチナに格上げされるのではないかなと想像します。そして現在のSPG-PLTは宿泊実数に基づきゴールド、プラチナ、プラチナプレミア、アンバサダーへと格付けし直されると思います。
現在のSPG-PLTは25泊実績から100泊実績のようにかなり幅が広いので最初の格付けは宿泊実績に基づいて行われるものと思われます。新プログラムは8月から実行とのことのようですが、現在の資格は2019年2月まで有効ですから今現在の資格に応じたベネフィットが剥奪されるものではありません。
例えば、SPG-PLTで25滞在25泊でSPG-PLTを得ている人が、8月以降新プログラムでいきなりラウンジアクセスも朝食もなくなると言うことはないものと考えます。

朝食とラウンジアクセスは、50泊から付けるか75泊から付けるかは、大きな問題です。
これは結構大きな問題で多くのアメックスゴールド会員とSPG-PLT会員は戦々恐々としているのではないかなと思いますが、75泊から付けるとするとかなりハードルの高いものになると思いますので、おそらく50泊会員からつけられるものと想像します。

またライフタイムには今回手を入れずに2019年からだと言われていますが、時間をかけると言うことは設計をし直していると言うことでもありますので、ライフタイムはプラチナ(500泊会員)とプラチナプレミア(750泊会員)、そしてライフタイムアンバサダー(1000泊会員)とに分かれるのではないかなと想像しています。


メインのベネフィットは、こんな感じではないでしょうか。

・シルバー     10泊
・ゴールド     25泊
・プラチナ     50泊(朝食・ラウンジアクセス・プリファードルームUG)
・プラチナプレミア 75泊(朝食・ラウンジアクセス・クラブUG以上、スイートアップアワード数回もしくは10泊)
・アンバサダー   100泊20000ドル

これまでのベネフィットが大きく毀損されることはないものと考えています。
ただし、最小限で到達していたSPG-PLT会員にとっては今後は厳しいものになるのではないかなと想像しています。これからは50泊はしないとそれらしいベネフィットは無くなるのではないでしょうか。


2018-04-14111700.png


http://members.marriott.com/ja-JP/


いろいろ勝手なことを書いてきましたが、あくまで私の想像で、正解ではありません。
答えは、17日火曜日です。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ


関連記事

【暮らし】液状化対策工事中止とは。

2011年3月に起こった東日本大震災の際に浦安あたりが液状化で大変なことになっていたのは、ニュースにもなっているのでご存知の通りだと思います。
あれから7年、公道など公共のものは整備されてきたと思いますが、個人財産である宅地などに関しては、市は液状化対策工事はしないことに決まったそうです。

個人財産部分である宅地に関しては、公共での負担そして個人負担部分があったようですが、この個人負担部分での折り合いがつかなかったのでしょうか。一戸あたり400万とも聞いていましたのでかなりの負担がありますが、なかなかまとまったお金ですし捻出できないご家庭もあるでしょう。そうなるとまとまるものもまとまらない。
またいくつかの工法があろうかと思いますが選んだ工法での瑕疵があり工事は中断状態だったようです。

市の4分の3が埋め立て地だそうです。
その8割超の約1455ヘクタールで液状化し、住宅被害は8700棟。
すでに自分の手で地盤改良などをして対策をしてきた人も多い。今更対策工事すると言われて自己負担金が生じるのはたまったものではないだろう。

宅地の液状化対策における市の基本的な考えは『個人財産の液状化対策は自己責任が原則』と聞いています。地域には多くの住戸がいますし、全体でまとめるのは困難が付きまといます。結果まとまらなかったということでしょう。
行政の難しさを感じますね。

2018-03-25122440.png



浦安は、震災後液状化の町として街を離れる人が多く不動産市況も下降を続けてきましたが、喉元過ぎれば熱さ忘れるの言葉の通り、人口は戻り、マンションなど不動産価格は上昇し、3年も経つと元に戻っています。そして現在は活況のようです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事