マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

イタリア旅行その12【トルコ航空ビジネスクラスイスタンブール-東京】

帰国便は、ローマ発イスタンブール乗り継ぎ成田行きのトルコ航空機です。
ローマからの便が50分前後遅れたため、イスタンブールではゲートに到着するとそのまま乗り込むと言う有様でした。

最後の便は機材は777-300ERというなかなか良い機材。
シートは、フルフラットになるビジネスクラスで、座席、食事とも最高でした。
長距離エコノミーでは必ず襲われる腰痛も一切なく、映画も1本観ただけでほとんどぐっすり寝ていました。



この前後の長さがわかりますでしょうか。
足なんか前の席にはどうやっても届きません。

o-DSCF0998.jpg

液晶画面の遠いこと、遠いこと。
こんなのに乗ったことがありません。

o-DSCF0997.jpg

エフィスビールを飲みました。これは軽くておいしい。
トルコのお酒、ラキも飲みましたが、これは強すぎてダメでした。3口飲んだけで死にました。
アニスの風味がしてちょっと苦手かな。でもすごい酒でした。

この機材、エコノミー席の前方にコンフォートクラスという座席があります。
2-3-2の配列でビジネスクラスと同じです。
シートはANAのプレミアムエコノミー以上、ビジネスクラス未満と言う感じで、かなり良いです。
どういう販売方法をしているかは不明ですが、乗っている乗客を見ているとツアー客が多かったので、たまたまのアサインだと思います。
事前に座席を予約できるならば、前方を予約するとこのシートになると思います。

(※その後、このシートは有償でアップしているということ、トルコ航空の上級会員にアサインしていることを伺いました)

トルコ航空機のY席に乗る予定のある人は、ここに座れるときわめて快適だと思います。
ちなみに食事もまるでビジネスクラスみたいでした。

さて機内食ですが、フライングシェフを名乗っているだけに、シェフの格好をした男性CAがいたりしてなかなか雰囲気を出しています。

a-DSCF1003.jpga-DSCF1011.jpg
a-DSCF1014.jpga-DSCF1015.jpg
a-DSCF1018.jpga-DSCF1019.jpg

今となっては、何を食べたのかは覚えていないのだが、たくさんの種類の料理が出てきたことと
かなりのボリュームがあったこと、そしてとてもおいしあったことを覚えています。
このトルコ航空のビジネスクラスは、機材はもちろんであるが、食事もかなりすばらしいものでした。
また乗りたいと思わせるフライトでした。

これまでにも多くのビジネスクラスに乗ってきたのですが、私の経験の中ではこの機材このフライトが最高でした。
旅の最後にこのような思いができて、締めとしては最高の旅行となったことはいうまでもありません。

スポンサーサイト

イタリア旅行その11【トルコ航空ビジネスクラス ローマ-イスタンブール】

旅も終わりに近づいた。
帰国便は、ローマ発イスタンブール乗り継ぎ成田行きのトルコ航空機です。
エコノミークラスのチェックインカウンターはインド人と思しき人たちで長蛇の列。
空いているビジネスクラスに並んでいるとエコノミーの客が私の前に割り込んでくる。
ここはビジネスクラスの客のカウンターだと言いどかせないといけない有様だ。
どかされたインド人女性はいつまでもぶつぶつ言っていた。
出された航空券は、2枚。
これで東京に戻ることができる。
o-DSCF0947.jpg
なぜかBAラウンジに案内された。
トルコ航空をはじめスターアライアンスは、もしかしてBAにラウンジをお借りしているのかもしれない。
イタリア系の航空会社にはスター系の会社が無いためこういうことになるのかもしれない。
o-DSCF0949.jpgo-DSCF0954.jpg
o-DSCF0956.jpgo-DSCF0958.jpg

ビジネスクラスといえ、小さな機材のようで前方に数席ある程度のようだ。
ほんの少しだけ足元の広いシートと言う感じでビジネスクラスという感じがしない。
まぁ、ヨーロッパ内はこんなものだと聞いていたので驚きはないが、わざわざビジネスにこだわるほどのこともないであろう。
o-DSCF0965.jpg
o-DSCF0966.jpg
ただ機内食はとても立派なものが出てきた。
トルコ料理ということで身構えていたが、おいしい。
味に癖もなくほぼ平らげることとなった。
o-DSCF0971.jpg
チキンはささみをベースにしたものだが、あっさりしていておいしい。
o-DSCF0983.jpg
このローマからの便が50分前後遅れたため、イスタンブールではゲートに到着するとそのまま乗り込むと言う有様でタバコを吸うことができないまま乗り込んだ。

イタリア旅行その10【ローマ】

旅の最後の目的地はローマとしていた。
イタリアをぐるぐると廻り、そしてすべての道はローマへと続く。
ローマには2泊。
ローマのテルミノ駅に到着し、タクシーでホテルに向かおうとしていきなりやられた。
乗り出したとたん、25ユーロだと。どうすることもできずに取られてしまった。
敵もさすがでホテルには車をつけない。
ホテルにつければ「25ユーロ払うんだけどどう思う?」とホテルマンに聞けますが、それもできずに払う羽目に。
ローマの洗礼をいきなり浴びることになった。
ちなみに適切な値段は10ユーロくらいだと思う。
o-DSCF0715.jpg
o-DSCF0750.jpg


ローマでは本当にいろいろ歩いた。
スペイン広場、トレビの泉、コロツセオ、バチカン、真実の口。これで一杯一杯でした。
o-DSCF0792.jpg o-DSCF0859.jpg
o-DSCF0724.jpg
何のパフォーマンスなのだかわからないが、こんな光景もローマの一シーンとして目に焼きついている。

o-DSCF0927.jpg

暑すぎて連日午後2時にはグロッキー。
とぼとぼとホテルに帰り、ビールを飲んでさらにグロッキーという状態だった。
ローマは、見所が点在しているので、なかなか大変です。
夜はあまりで歩かないのだが、ローマの最終日に晩御飯を食べに出てその帰り道の風景。
石畳がひかり、オレンジ色した街路灯の灯がきれいでした。
こういう風景に出会いたかったのです。
石畳が非常に印象的でした。

イタリア旅行その9【フィレンツィエ】

ベネチアを後にしてフィレンツェに向かった。
ベネチアの駅では、すぐには列車に空席がなく3時間もあとの列車にならないと乗れないというのは誤算であった。
駅に併設されているレストランで時間をつぶさねばならないと言う羽目になった。
 
フィレンツェの町も決して大きな町というわけではなく、中心部にあるドォーモを見たあとは街歩きに出かけた。
o-DSCF0560.jpg
なんの店なのか、看板ひとつひとつがかわいい。
表通りをはずれるとこのような小さな路地がいくつも広がっており、歩いているだけで楽しい。

o-DSCF0597.jpg
o-DSCF0618.jpg
ベッキオ橋を目指す。
川沿いの回廊には、絵描きが作品を並べて売っている。
ひとつ買いたいなと思ったが、結局買わずにこの街を後にしてしまって少し後悔している。
旅先のこういう絵画は思い出になるものである。
迷ったら買っておいたほうがいい。
これまでの教訓から僕はそう思っているのだが、今回はこの教訓が生かされなかった。
o-DSCF0614.jpg
これが有名なベッキオ橋だ。
橋の両側は貴金属を売る店でひしめき合っており、金ぴかである。
o-DSCF0622.jpg
ここにいると橋の上であることを忘れてしまう。
o-DSCF0652.jpg
ミケランジェエロ広場に向かって歩いた。
炎天下の中ただひたすら歩くだけの行軍はなかなかきついものであったが、丘の上から見渡すフィレンツェの街は中世ヨーロッパを感じさせるもので、ここまで歩いてよかったと思った。

イタリア旅行その8【ウェスティンヨーロッパ&レッジーナ】

ベネチアのホテルは、ウェスティンヨーロッパ&レッジーナを選択した。
これも理由は簡単で、キャッシュ&ポイントで安く泊まれるからだ。
このホテルの全体像はよくわからない。
いくつかの棟に分かれているようで、違う棟には行かなかったからだ。
古めかしいエレベーターで最上階に行くとうねうねと廊下を歩きつきあたりまで行くと部屋はあった。

o-DSCF0361.jpg
o-DSCF0362.jpg
o-DSCF0364.jpg
アサインされた部屋は、最上階の角部屋であった。
ベルの鍵には640と書いてあるのでこれが部屋番号になる。
十分に広い部屋で涼しく快適であった。

o-DSCF0369.jpg
プラチナ会員向けにはアメニティを選べるようになっており、赤ワインを選択。
ライトでカジュアルであるが、おいしいワインであった。
o-DSCF0376.jpg
o-DSCF0371.jpg
窓から見渡すこの街の風景が好きだ。
赤茶けた瓦屋根は日本では見かけない色合いだ。
かわらの形やその色は見ていて面白い。
僕はずっとこの風景を飽きずに見ていた。

イタリア旅行その7【ベネチア】

ベネチアは水の都である。
街全体が世界遺産になっていると言う。
たしかに小さな町だが歴史を感じて味わいのある街だ。
世界中から観光客が来ていて街中を人々が歩いている。
ふと水路をみるとゴンドラが行き交う。
o-DSCF0400.jpg
o-DSCF0431.jpg
街を歩けば至る所にお土産屋やさまざまな店が並び楽しい街歩きになる。
ピザを食べてみたり、ジェラートを食べたりしながらベネチアの街歩きを楽しんだ。
o-DSCF0426.jpg
ちょっとした何の変哲もない路地さえが雰囲気がありどこを歩いても楽しい。
街中をぐるぐるとさ迷い歩いた。
o-DSCF0493.jpg
2晩ほどベネチアには滞在したが、もうこれで十分。
どこをどう歩いたのかはわからないのだが、同じような街並みが街中に広がっており、これ以上は新たな発見や感動は見出せなくなっている。
2日滞在すると言うがちょうど良いのかもしれない。
でもこのまちには行ってよかった。
おそらくもう訪れることはないと思われるが、だからこそ行ってよかったと思う。
遥かなるベネチア。
素敵な街であった。

イタリア旅行その6【ベローナ】

前の日にミラノ駅で手配しておいた鉄道切符でベローナを目指す。
意外なことに客は少なく快適な鉄道旅となった。

ベローナでは、円形劇場をみてジュリエットの家に行くのが目的だ。
そのためだけにベネチアへ向かう途中で途中下車をしたのだ。
ベローナ駅に到着すると荷物を預けてバスに乗り市内へと向かった。
町全体がこじんまりしていて、雰囲気のあるすばらしい町である。
o-DSCF0278.jpg
街の入り口でバスを降りるといきなりのこの風景で期待に満ち溢れた。
どこで降りればよいのかわからなかったが、ここで正解だったようだ。
o-DSCF0292.jpg
円形劇場は、夏のオペラを前にして中央ではステージの準備をしていた。
階段をのぼり一番上まで上った。
結構な値段を取られたが、観光地ゆえ仕方がない。
普段はこういうところには入らないのだが、気持ちが高ぶっていたのかもしれない。
o-DSCF0299.jpg
石畳の舗道は人々の足でつるつると磨かれ、雰囲気機のあるものだ。
この路地を人が流れていくほうに歩いていく。
やがて町の中央広場に出る。
そこは屋台の市場やお土産屋が所狭しと広がっておりなかなかの風景だ。
o-DSCF0321.jpg
o-DSCF0320.jpg
ジュリエットの家がよくわからなかったが、ボランティアのガイドさんに教えてもらい無事到着。
ここはものすごい数の観光客でごった返していた。
ジュリエッタの胸は、観光客の手に触られて光っている。
ご利益があるらしいが、恥ずかしくて私は触れなかった。

イタリア旅行その5【ミラノ】

ミラノでのホテルはウェスティンミラノパレス。
SPGのキャッシュ&ポイントで安く泊まることができたからだ。
パークハイアットミランと最後まで迷ったが、パークのほうが良かったかもしれない。
ここは古ぼけたホテルと言うのが私の印象だ。
朝ごはんも付いているのか付いていないかわからず、食べることができなかった。
その分、街のバールでおいしいカプチーノとクロワッサンを食べることになったので、良しとしよう。

ミラノの観光の定番は、ドォーモとガレリアだ。
それ以外には無いのではないかと思えるのは私だけだろうか。
この2つは隣接しているので観光しやすい。
それにしても大都市と聞いていたがそんなに大都市という感じがしないのはなぜだろう。
o-DSCF0147.jpg
o-DSCF0198.jpg
日本人旅行者は意外に多い。
若い人からお年を召した方までさまざまだ。
ツアーがほとんどであるが、ガイドさんが付いて効率的に旅行ができるのはうらやましくも感じた。
いつも個人旅行だが、ツアーも悪くないと思った。
o-DSCF0145.jpg
ミラノではいろいろ食べたのだが、早速朝ごはん。
これはガレリアの入り口にあるバールでチョイス。
カプチーノはやはりおいしい。
ふわっとしていてクリーミー。しかししっかり濃いイタリアンテイスト。
そして何度も食べることになるクロワッサンだが、中にはカスタードクリームがどっしりと入っている。
これがおいしいのだ。
あまりクリームをこの国の男性達もおいしそうに食べており、決して女性の食べ物ではない。
大いに気に入って何度も食べることになった。
o-DSCF0236.jpg
これはなんとしても食べたいと思っていたミラノ風カツレツだ。
すごくボリュームがありおいしいことこの上ない。
考えてみればイタリアだけでなく日本でも食べれる料理であるが、ここミラノで食べることの意味がある。
また食べたいと思う料理であった

イタリア旅行その4【セネターラウンジ】

フランクフルト空港での乗り継ぎは、初めての空港と言うこともあり十分な時間を取っておいた。
そうはは言っても4時間は結構長いものだ。
かなり時間がかかると覚悟していたが、入国審査やターミナルなどの移動も終わり落ち着くところを探した。
空港内は結構飲食店もありにぎやかだ。
かなり空港の端っこのほうまで歩くと、ルフトハンザ航空のセネターラウンジがあった。
スターアライアンスなので、ここを使うことになった。
o-DSCF0108.jpg
受付前にスタッフがおり、ビジネスラウンジかセネターラウンジかを指示する。
私はセネターラウンジに行くように指示された。
o-DSCF0094.jpg
小さなラウンジであったが、食事類は十分なものが用意されている。
サンドイッチを作ってもらうことも可能だ。
o-DSCF0095.jpg
お腹が空いているとは思えないが、どうしても手が出てしまう。
いろいろなメニューがありチョコチョコと食べた。
おいしく食べたのは言うまでもない。
o-DSCF0096.jpg

o-DSCF0104.jpg
このオニオンスープもおいしい。
もっとあっさりしているほうが好きであるが、濃く深い味わいだ。
ドイツはオニオンスープのメッカなのか?
また秀逸なのはやはりソーセージである。
切っているにもかかわらず、プリプリしている。
o-DSCF0105.jpg
何をどうしても時間が余ってしまう。
このラウンジは喫煙コーナーやトイレが無いので、喫煙コーナーがあるラウンジ外に何度も出ることになった。
またトイレはビジネスラウンジにほうにあり、何度もセネターラウンジと行ったり来たりして私はなんとも落ち着かない客であった。

その後、ルフトハンザ機に向かったのであるが、搭乗直後から意識を失い着陸の際の衝撃で気が付いたと言う状態で、機内食があったのか、はたまたどのくらいの時間乗っていたのかはまったくわからない。
寝ぼけ眼で、エンポリオアルマーニの大きな看板がある空港に降り立ったことだけは覚えている。

イタリア旅行その3【仁川-フランクフルト】

一度書いた記事ではあるが、お許しあれ。

インチョン⇒フランクフルト路線は、747機材。
アッパーデッキの非常口シートであった。
ここはUAに乗っているときから大好きなシートである。
事前予約したわけではなかったが、すばらしい座席で大満足。
o-DSCF0052.jpg
機内食は、ウェスタンとコリアンの選択であった。
韓国食よりはウェスタンのステーキが希望であったが、選択できずコリアンとなった。

まずはウェルカムドリンクだ。
ウェルカムはやはりシャンパンがいいだろう。
o-DSCF0053.jpg

これは前菜。
これは、マグロ。優しい味付けであった。少しすっぱい味がした。
o-DSCF0055.jpg
次にでてきたのは、お豆腐のきゅうり巻きであった。
あっさりしている。
o-DSCF0061.jpg
次に黒ゴマのスープ。
これはおいしい。とろんとしている。
o-DSCF0065.jpg

そしてメインがでてきた。
o-DSCF0067.jpg
特筆すべきは、やはりたっぷりの野菜であろう。
丼いっぱいの野菜で、これでもかと言うほどあり非常にヘルシーだ。
葉っぱの種類も多種であり、好みに合わせて食べればよい。
個人的には、明日葉は得意ではないので残したが、それ以外はみずみずしくおいしかった。
o-DSCF0068.jpg

プルコギもおいしい。
全体的には甘い味付けのものであるが、付け合せの輪切りの唐辛子などを乗せて葉っぱにくるんで食べるとなんとも言えずおいしい。
サムジャンが付いていたが、それも味わいのあるもので、秀逸であった。
o-DSCF0085.jpg
フランクフルト到着前に、おかゆかパスタの選択があったが、おかゆを選択。
朝鮮人参のおかゆでヘルシーなモノであったが、おいしいかと言うと難しい。
土っぽい朝鮮人参がおいしいとはいえなかった。

機内は快適であったが、ロングフライトをビジネスクラスに乗ることへの興奮なのだろうか、あまり寝ることができなかった。