マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

ソウル旅行でケビョンを飲んだ

この飲むヨーグルト飲料みたいなものはご存知だろうか。
ソウルのコンビニで買ったものである。
1本1300w。日本円にすると100円ぐらいである。

쾌변(ケビョン)と書いてあるのだが、日本語になおすと「快便」である。
なんともストレートなネーミングであるが、お腹に効く飲料と言うところであろう。
日本ではヤクルトミルミルとか効能的にはそういうものが似た商品であろう。

この「快便」は私には劇的に効いた。
翌朝は4-5回もトイレに行く羽目になった。
もちろん1本飲んでの効果だ。
その翌日も朝の4-5回のトイレタイムになった。
まるで下剤が入っているのではないかと思うほどの効能だ。
普段便秘に苦労しているわけではないのだが、この程度で劇的効果が得られた。
「快便」の名前にふさわしい効果があったということをお知らせしたい。
皆さんもソウルに行かれる際は、一度お試しいただきたい飲み物である。

スポンサーサイト

ピンデトックが好きだ

8月末のソウル旅行で食べたピンデトック。
8月7日の記事には詳しく書いてあるので、詳しくはそちらを見ていただくとして、、。

これが好きでたまらない。
ソウルに行くと必ず食べてしまう。それほど好きな料理だ。
ソウルで必ず食べたいものはこのピンデトックだ。

これは広蔵市場のちょうど真ん中あたりで食べたピンデトックで、いつもこの店で食べると決めている。
実にたまらなくおいしい。
おいしいピンデトックは、外はカリカリしている。中はさっくりという感じであろうか。
焼いたものだけ見ているとわからないが、ベースになっているのは緑豆である。
小麦粉を使っていないので胸やけがしないのだ。

この日は、ピンデトックにビールにしたが、マッコリが定番である。
ピンデトックにはマッコリなのだ。
o-DSCF1229.jpg

それにしてもおいしすぎる。
ビールとピンデトックで7000W。日本円にすると500円といったところだ。
考えられない味と値段と量である。

ソウル旅行 【パークハイアットソウル】

今ソウルで一番好きなホテルがパークハイアットソウルだ。
今回はインチョン空港からリムジンバスでCOEXを目指す。
料金は15000Wほどだ。
リムジンバスはいくつかカンナムエリアのホテルをいくつか経由して、COEXにあるインターコンチネンタルホテルで下車する。
パークハイアットにはバスは止まらない。
交差点のその向かいにパークハイアットはある。
o-DSCF1042.jpg
今回の部屋は、1603号室。
エレベーターから近い部屋だ。

o-DSCF1030.jpg
このベッドがいい。
ウェスティンのヘブンリーベッドよりも快適である。
天井も高く、良い部屋にあたった。
o-DSCF1036.jpg
ダイヤモンド会員向けだと思うが、ウェルカムキットとして焼酎とクッキー、そしてフルーツが置いてあった。
フルーツは、プラムである。
ただこれは食べてないので味がわからず。そのまま置いておいたら翌日は取り替えられて巨峰になっていた。
o-DSCF1031.jpg
水周りも快適だ。
ふかふかのタオルやアメニティニーもふんだんにおいてある。
モダンなインテリアも素敵である。
o-DSCF1032.jpg
お風呂も大きい。
風呂場でからだを洗うようになっており、水がこぼれても何の心配も要らない。
海外でこういうお風呂はなかなか無いため、ポイントが大きい。
大きな湯船であるが、お湯もふんだんに出るためお湯をためるのに時間は大してかからない。
o-DSCF1035.jpg
アメニティーはAesop(イソップ)である。
オーストラリアのブランドだが、なかなか良い。
髪を洗うとキシキシするのだが、それはシリコンのような余計な成分が無いためであろう。
大好きなアメニティだ。

今回は、1Fのエレベーター前で名前確認があり、そのまま部屋にあがり部屋でチェックイン。
担当してくれたスタッフはわかりやすい英語を話し、丁寧な説明で好感が持てた。
ここのスタッフは時折流暢なネイティブ級の英語をまくし立てるように話すため意味がわからないことが多い。
しかし今回のスタッフは、ゆっくり話してくれたこともあり、単語を繋ぎながらなんとか理解できた。
快適な滞在ができたことは言うまでもない。

ソウル旅行 【サクララウンジ】

短い夏休みを利用してソウル旅行に行ってきた。
今回は、成田-インチョンはJALの特典で発券。
復路は、金浦-羽田-沖縄-羽田-金浦と現地の旅行代理店でJAL便で発券。
第2区間まではFIXしてあり第3区間以降はOPENにしてある。

写真は、成田空港のサクララウンジだ。
JAL便での海外は初めてということもあり、このラウンジには初めて行った。
o-DSCF1014.jpg

明るく広く開放的なラウンジで非常に好感が持てた。
朝の時間帯と言うこともあり、朝ごはんを食べたのだが、和食系のメニューを中心に選択した。
それにしてもいずれもおいしく、納得の味であった。
大好きなたらこをたらふく食べれたのがうれしい。

問題は食べ過ぎることであろう。
なにはともあれすばらしいラウンジあった。

ソウル旅行

ちょうどこの記事がアップされる8月25日は、私が韓国旅行に行く日だ。
往路は、JAL特典。
復路は、JAL便でソウル発-羽田-沖縄-羽田-ソウルという航空券をソウルで発券し、第一区間のみつかって帰ってくる。
JAL便でのソウル発券を開始したと言うことだ。
どこかで沖縄にも行かねば、ソウルに戻れないと言うことになっている。

ソウルでのホテルは、現地で旅館に泊まることが多いのだが、今回はまともなホテルに泊まることにした。
ソウルで好きなホテルは2つある。
そのひとつがパークハイアット。
そしてもうひとつがウェスティン朝鮮だ。
この写真は前回のパークハイアット宿泊のときのものだ。
o-DSCF1776.jpg
今回もパークハイアットソウルに泊まって来る。
カンナムの三成が最寄の駅であり、便利とはいえないロケーションではある。

短い旅程ゆえ、あまりウロウロはできない。だからホテルステイを楽しんでこようと思っている。