マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

そうだ、沖縄に行こう!【その6 石畳】

歩きたい街があった。
ゆいレールに揺られて首里まで行った。
芸術大学の前を歩き、首里城にと向かう。

芸術大学の門の上にはシーサーが飾ってある。
ここは何度も来ているところなのだが、時折シーサーが変わっている。学生の作品だと思うが、ユニークで芸術を志す学生の作品だけあってなかなかステキである。今回のはかなり派手な色使いをしていた。
郵送で躍動感を感じるシーサーだ。

10-IMG_4166.jpg

首里城まで行くと城の中には行かずにそのまま山を超えて降りていく。
そこには石畳の道がある。
僕はこの道が好きでいくどとなく歩いてきた。
日本の道100選にも選ばれているようで、急な坂道であるが石の壁に囲まれた石畳の道が麓まで続いている。

10-IMG_4186.jpg

毎週のように台風が来たりしていて落ち葉が散らかっていたりしていつもとは少し様子が違ったけれど僕はこの路地がとても好きである。

10-IMG_4221.jpg 10-IMG_4222.jpg

いつもは素通りする途中にある喫茶店に入ってみた。
テラスに座ると風が通り抜けていく。

10-IMG_4202.jpg

眼下には那覇の街が広がる。
遠くに飛行機が降り立つ様子が見え、しばし憩いのひとときであった。

10-IMG_4198.jpg

沖縄には風が吹いていた。
まだ夏のような太陽が照りつけていたが、それでもさわやかな風が通りぬけ、常夏のこの島ももう秋なんだというということを感じさせてくれた。
思えば、いつも風が吹いていた。
コザの街を歩いていた時も、国際通りを歩いていた時も、いつも風が吹いていた。
この風が沖縄なのかもしれない。
僕はこの風が好きだ。だからこの島に来るのかもしれない。

こうして坂の途中の喫茶店のテラスで風を感じながら僕の沖縄旅行は終わりました。
6回に渡り沖縄旅行の様子をお届けしました。
ご覧頂きありがとうございました。

沖縄の思い出を一枚の写真にしてみました。

11-13513900391801.jpg



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加中
←FC2のランキングにも参加中。


スポンサーサイト

そうだ、沖縄に行こう!【その5ジャッキーステーキハウス】

沖縄旅行で2晩泊まり、2晩ともステーキを食べてきた。
沖縄のステーキはピンからキリまであるが、ここはB旧グルメのステーキ、つまりキリのほうを食べてきている。

さて、初日に食べたのはステーツサイズで、この日行ったのはジャッキーである。
3連休の中日の日曜日夜18時50分。
すてに店には入れず、6番目の待ちとなった。
受付横の台帳に名前を書いて待つ。

赤いネオンサインが目立つ店だ。
店の前の駐車場には、店に入りきれなかった人が10数名待っている状態だった。

10-IMG_4109.jpg

店のドアの横には、空席あり、もうすぐ空席、ただいま満席のサインがあってなかなか遊びココロがある。
ただこれが正確かというとちょっとどうして不正確という感じもする。

10-IMG_4116.jpg

待つこと30分。
やっと順番が回ってきた。
店に入ると早速オーダーしたのは、サーロインステーキのLサイズ。値段は1500円だ。
ちなみにSサイズが1400円。Mサイズというはない。
たった100円違いであれば、迷うことなくLサイズを頼むのが正しい。
そのほかテンダーロンだとかニューヨークだとかあったのだが、これが一番安い。

10-IMG_4133.jpg

そしてまずは、スープとサラダが出てきた。
これは、もう一つの店のステーツサイズと同じである。
サラダは冷えていなかったが、乗っているコールスローのドレッシングが美味しい。
スープは、もう一つの店のステーツサイズより軽い味わいがする。

10-IMG_4138.jpg

スープとサラダを軽く食べているとジュージュー鉄板の音をさせながらステーキが運ばれてきた。
驚くようなボリュームだ。250グラムもあるという。
こんな量のステーキは食べたことがない。
味は付けられていないので、醤油と胡椒を山ほどかける。もちろん塩も忘れない。
A1ステーキソースもあるのだが、甘すぎて僕には合わない。
反則かもしれないが、ステーキには醤油があっている。
醤油が鉄板に焦げて香ばしい匂いをさせている。

肉はオーストラリア産の赤身だ。
ただ、筋がありその廻りには脂身も少しだが付いているのだ。
これはかなり美味しいステーキだと感じた。
もちろん価格との相関関係で美味しいのだ。肉はピンからキリまである。国産の高級和牛と比べているのではない。
たった1500円でこのボリュームと味は、東京ではついぞお目にかかれない。
大満足の味であった。

ここは有名な店ではあるが、それは有名だから多くの人が並んでいるというのではない。
安くて美味しいということをみんなが知っているということだろう。
ここはまた行きたい店である。

10-IMG_4147-1.jpg

そうそう、会計するときに気がついたが、Aサインが掲げてあった。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加中
←FC2のランキングにも参加中。



そうだ、沖縄に行こう!【その4那覇大綱挽祭り】

コザの街から戻ると国際通りに出かけてみた。
昨日はいろいろな踊りが練り歩いていたが、今日は少し様相が異なっていた。
日曜日のこの日は、祭のメインイベントが行われていた。
午後から国際通りで旗頭行列が行われ、その後舞台は国道に移り、那覇大綱挽が行われた。

10-IMG_3942-1.jpg 10-IMG_3944-1.jpg

どうも町内会ごとにこのような旗頭行列があるようだ。
勇壮な演舞があったりナカナカ楽しめるものだ。
お年寄りから小さな子供まで老若男女が文化を引き継いでいく姿に羨ましくもあった。

この綱引きは、琉球王朝時代からの伝統だそうだ。
1935(昭和10)年を最後に途絶えていたものが1971年に市制50周年記念事業として復活しました。
現在の綱は1995年ギネスブックによって「世界一のわら綱」と認定されたようです。
その後徐々に綱は大きくなり、現在では東に100メートル、西に100メートルの200メートルの大綱挽で、43トンの重さがあるそうだ。

国際通りで旗頭行列を見た後にしばし休憩してホテルに戻ろうかと思って街を歩くと、国道のほうが騒がしい。
行ってみると綱引きの準備をしていた。
こういう時は、参加するに限る。
踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損っていうじゃない。

189313_355088234581092_1144330667_n.jpg

周辺は、外国人が多く、とてもインターナショナルだった。
米兵の休日でもあり、缶ビール片手にやけに盛り上がっていた。

大綱の脇で準備して綱引きが始まるまで1時間20分。日差しは真夏の様相で汗だくだ。
そして綱引きが始まった。
30分の格闘の後、綱引きが終わった。
頑張った甲斐があったようだ。
僕がいた西側が今回は勝利した。

沖縄の一番のお祭りの日にこうして踊る阿呆となった。
楽しい一日だった。

そうだ、沖縄に行こう!【その3コザの街】

コザの街に行ってみた。
コザというと米軍基地とロックが僕のイメージである。
どちらかと言うと廃退的なイメージを持っていた。
ホテルの前にあるバスターミナルから1時間10分でコザの街に到着した。
バス代は800円前後だった記憶がある。
沖縄は結構交通費が掛かる。

街に到着して観光案内所に行くと地図をもらい、街歩きを始めた。

10-IMG_3876.jpg

近くのアーケードに入るが、度の店もシャッターを下ろしたままである。
コザは夜の街のようだ。
11時になってもこの調子で全く営業する気配はない。
湖の街は夜の街なのだ。

10-IMG_3889.jpg

雰囲気の有りそうなバーやクラブ、そしてライブハウスが数えきれないほどありこの街が音楽の街であることがわかった。きっと昨夜も夜遅くまでこの街は燃えていたのであろうか。

10-IMG_3885.jpg 10-IMG_3884.jpg

かろうじて開いていた商店の店先には、猫が紐でつながれていた。
猫って紐で繋ぐものなのだろうか。
紐でつながれた猫はあまり見たことがないのだが、、、。

10-IMG_3892.jpg

嘉手納基地まで歩いた。
街に出ていた米兵であろうか、続々とクルマで基地に入っていく。
ナンバープレートにYという文字があり通常とは少し異なる。
このナンバープレートがついたクルマには米国人が乗っていたので、米軍関係者にはこういうナンバーを発給しているのかもしれない。

10-IMG_3909.jpg

日差しは強いのだが、風が吹いている。
この先はアメリカ。
ここは国境線かもしれない。

そうだ、沖縄に行こう!【その2ステーツサイズ】

僕の沖縄旅行でいつもすることは、国際通りのスターバックスで緩い時間を過ごすことだ。
今回もホテルにチェックインして国際通りに向かったのだが、どうもいつもと様子が違っていて、国際通りは完全な歩行者天国となっており、幾つものダンスチームが練り歩きながら踊っていた。
道端には見物人が陣取っておりものすごい数の人が繰り出していた。
そう、沖縄は「那覇大綱挽まつり」が開催されていたのだ。

こんな感じで、綺麗なおねいさんが素敵な衣装でサルサを踊っている。
グッとくる。
パートナーの男性もちょいワルおやぢ風でなんともカッコいい。
こんな風に年を取りたいものだ。

10-IMG_3813.jpg

そのためスターバックスで緩い時間を過ごすことができなかった。
急に国際通りですることがなくなってしまった。
むつみ橋商店街というのだろうか、アーケードに入り公設市場に行くとあまり見かけないカラフルな魚が並んでいる。
正直な所、カラフルな熱帯の魚は苦手である。
それにしてもこのハリセンボン、食べれるのかと驚いた。

10-IMG_3840.jpg

国際通りに用事のなくなった僕は、ホテルの近くのステーツサイズに向かった。
冬に来た時にここでステーキを食べた。
とても美味しくてまた食べたいと思っていた。

ステーツサイズは<ここ>からね。

10-IMG_3845.jpg

半年前と全く変わらない店構えだ。
ホテルから徒歩3分という感じであろうか。とても近いのだ。

10-IMG_3859.jpg 10-IMG_3847.jpg

このAサインというのがいい。
Aサインとは、本土復帰前の沖縄において米軍公認の店舗に与えられた許可証のことである。
1953年に制度が発足し、米軍による衛生基準に合格した業者に与えられた。Aサインの「A」は「Approved(許可済)」の頭文字で、公認の店舗は許可証か「A」の表示を店頭に掲げて営業した。
衛生検査はMPが一軒一軒検査に来たという。
規定によれば、店はコンクリートづくりで、トイレはタイル貼り、ペーパータオル又は衛生的なタオルが備え付けられ、全面道路は舗装されていなければならない、店全体に渡って清掃が行き届いていなければならない、使用人は週一回、保健所で検査を受けなければならないなど、相当に厳しい基準だったらしい。
沖縄返還直前の1972年4月15日に廃止されたが現在でも当時の許可証を店内に掲示して記念としている飲食店がある。
そうなのだ、このAサインを与えられるというのは、誇りだったのだ。
それが今でも息づいている。
僕はそんな誇りがある店が好きだ。

前置きはその程度にして、頼んだのはニューヨークステーキ。
JOTOステーキやら、サーロインステーキやらいろいろあるので何にしたらいいのかわからない。
でもがっつりというイメージがあったのでニューヨークステーキをオーダーした。

まずは、スープとサラダ。
スープは小麦粉から作ったもので懐かしい味がする。
小さい頃に食べたはずだが、それは母が作ったものなのか、街で食べたものなのか思い出せない。
だけどとても懐かしい感じがする。
記憶のそこにある味である。

10-IMG_3850.jpg

待つこと少々で出てきたのがこのステーキだ。
かなりのボリュームがある。
筋がありその周辺に脂身が少しあるので赤身のステーキの中でも美味しく食べることができる。
A1ステーキソースを使うのが本来なのであろうが、このソースは嫌いじゃないが好きではない。
塩コショウで食べるか醤油を鉄板が熱いうちにかけて焦がすのがいい。
僕は塩コショウに醤油をかけて食べた。

10-IMG_3855.jpg

いつもながら大満足のステーキであった。
そうとう腹がいっぱいになったようで、ホテルに戻ると7時前だというのにもう起きていられなくなり、ベッドに横になったところそのまま沈没してしまった。
どうも沖縄初日から食い過ぎだったようだ。

そうだ、沖縄に行こう!【その1ダブルツリー那覇】

10月のある週末、沖縄に行ってきた。
ここ数年毎年2回ほど沖縄に行っています。
と言っても沖縄に用事があるわけではありません。

JAL便で、金浦-羽田-沖縄-羽田-金浦という航空券を持っています。

①金浦-羽田(GW明け使用済)
②羽田-沖縄(未使用)
③沖縄-羽田(未使用)
④羽田-金浦(未使用)

4区間あるのですが、第1区間、第2区間を決めた後はOPEN発券ができる航空券です。
加えて言うと、第2区間以降は自由に変更ができます。
現在は、金浦-羽田の第1区間のみをGW明けに使って日本に滞在中という状態ですが、年末にソウルに行く事が決まったので、第2区間・第3区間をその前に飛んでおく必要が出てきました。
そういうこともあり、沖縄に行ってきたのでした。

この日のフライトは、クラスJにポイントアップ。
普段は羽田-伊丹路線でたまに乗る程度なのだけど、長距離となるとこのシートのありがたみを感じる。
フライトは2時間強なので、なんてことはないのだけど、2時間を超えるフライトなら本当に楽だ。
有償なら1000円。
とても安いと思う。2000円でもいい。ううん、3000円でもいいかな。

10-IMG_3755.jpg

ちょうどお昼の便ということもあり、お弁当を買ってラウンジへいった。
僕のお気に入りは、もちろんチャーハン弁当である。
このお弁当は安くてお腹いっぱいになるので、これから沖縄に行く事もあり少しお腹を開けておきたいと思ったのだが、セーブが効かない。完食してしまった。

10-IMG_3712_20121013065646.jpg

飛行機はいつもの機材というか、ワンワールド塗装のいつものJAL機材である。
777だとか767だとかそういうことにはあまり関心がないのだけれど、窓側から2席ある機材である。
運良く窓側がとれたのだが、沖縄に行くには、右側がいい。
というのは、右側からなんとか島が見えますとかの機長からの機内アナウンスが頻繁に入ったのだ。
残念ながら右側が良いというような予備知識がないので、左側窓席であった。

10-IMG_3732_20121013065645.jpg

アイスクリーム売りがやってきてひとつ貰うとブルーシールのアイスクリームであった。
ブルーシールのアイスクリームを食べると到着前からもう沖縄ムードです。

10-IMG_3737_20121013065646.jpg

かろうじて窓から見えたいくつかの島があってサンゴ礁がとても綺麗です。
どうしたらあんな綺麗な海になるんだろうといつも思う。

10-IMG_3746.jpg

そう、今回の宿はダブルツリー那覇である。
今年の4月に他のホテルからリブランドしてダブルツリーになったホテルである。
沖縄にはスターウッドやハイアット、はたまたヒルトン系列のホテルがなかったのだが、今年からようやくヒルトン系のホテルができたのである。
ホテルプログラムに縛られている身としては、やはりこの3つのプログラムのいずれかのホテルがありがたい。
今回は迷うことなく泊まることにした。

しかしながら結構高いのだ。
料金表を見てみると平日はともかく土日が高い。今回は3連休であり更に高い。
1泊あたり18000円もして到底泊まることができない。
幸いなことに2泊するうちの1泊をポイント&マネーで宿泊できたので2泊合計21000円という事になった。

10-IMG_3763.jpg

ホテルはゆいレール旭橋駅前にある。
ロケーションは抜群である。
バスターミナルはすぐそこにあり、なおかつ国際通りにも歩いていける。
それとなんといってもこのあたりには安いステーキ屋があるのだ。
今回は2泊して2度ステーキを食べに行ったが、いずれも歩いて数分という距離にある。
素晴らしいロケーションである。

10-IMG_3767.jpg

通された部屋は11Fの1118号室だったか。
何やらアップグレードしてくれているようだ。
部屋番号の正確な記憶が定かではないが、少し広い部屋だったがそれでも25㎡と普段出張で泊まる部屋よりかなり狭い。どうも出張でのホテル生活で贅沢が身に付いているようだ。
この部屋の特徴なのは、マッサージチェアがあることだった。

10-IMG_3771.jpg

ウェルカムアイテムなのか、オレンジとゴーヤチップス。
オレンジは食べることがなかったが、このゴーヤチップスはとても美味しく、翌日もまた持ってきてくれたのが嬉しかった。とても美味しかったので、街中で見かけた時に買ったことは言うまでもありません。

ホテルは狭いと言いながらも十分な広さです。
清潔な部屋で広いベッド、マッサージチェアまであって文句があろうはずがありません。
そうそう、MacBookProを立ち上げるとどうもWiFiがないようです。
ホテルのWiFiは飛んでいるのですがパスワードが必要でアクセス出来ません。
フロントに電話するとWiFiの必要な人はフロントでルーターをお貸しするので取りに来てくださいとのこと。
チェックインの時に説明して欲しかったが、そんなのはありませんでした。
持ってきてくれるのかと思ったのだけど、取りに来てくださいとは、なかなか考えられない対応で少し驚きました。
フロントに人がいないわけではなく、あの狭いフロントに6人もいたのだから人手の問題ではなく、ホテルのサービスのあり方を知らないんだなと感じた。
持って来いだなんてカリカリしても仕方ありません。
ここは沖縄、のんびりとね。

沖縄には風が吹いている。

沖縄に来ました。
まだ真夏の天気のようです。
ただ心地よい風が吹いていて、それが過ごしやすくしてくれています。
この風が、沖縄なんだなと感じさせてくれます。

10-IMG_6985.jpg



来てわかったのですが、沖縄はお祭りのようです。
大綱挽だとか踊りが繰り出したりして街中は人であふれていました。
いつもは国際通りのスターバックスで何もしない怠惰な数時間を過ごすのですが、人にあふれてそれもできずでした。
路地裏を歩き回りながら初日を終えました。
ちょこっと歩いただけなのに、膝の廻りの筋が痛く、あまり歩くことはできないようです。
明日もきっとあまり歩けないかもしれません。

少し早い時間にステーキの晩ご飯を食べると腹がはちきれんばかりとなってしまい、夜の7時には寝てしまいました。

明日は、バスに揺られて田舎の街に行ってみようと思っています。
どこに行こうかと思案中です。

沖縄に行かなくちゃ!

実は今日から沖縄に行きます。
行かなくちゃいけなくなりました。
と言っても沖縄に用事があるわけではありません。

現在、JAL便で、金浦-羽田-沖縄-羽田-金浦という航空券を持っています。

①金浦-羽田(GW明け使用済)
②羽田-沖縄(未使用)
③沖縄-羽田(未使用)
④羽田-金浦(未使用)

4区間あるのですが、第1区間、第2区間を決めた後はOPEN発券ができる航空券です。
加えて言うと、第2区間以降は自由に変更ができます。
現在は、金浦-羽田の第1区間のみをGW明けに使って日本に滞在中という状態ですが、年末にソウルに行く事が決まったので、第2区間・第3区間をその前に飛んでおく必要が出てきました。
そういうこともあり、この3連休で沖縄に行ってくることにしました。

JALに電話してみたところ、まずは往路はクラスJ席にポイントを使いアップできました。
ところが復路に関しては、J席が空いておらず普通席です。
ついでにファーストクラスにできないかと考え、ウェイティングをかけましたが、さすがに無理かな?

2012-09-30-13.jpg

後は当日空港ですね。
どうなることやら楽しみです。