マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その9梵魚寺へ行ってきました

釜山で何をしたかというと、梵魚寺(ボモサ)へ行きました。
特別予定もなくすることもないので機張市場へカニをやっつけに行こうかなと思っていまいsたが、言うほどカニが好きじゃない(笑)それに去年も一昨年も機張にカニを食べに行っていますので、あまり気が進みませんでした。
そんな折、そういえば釜山には何度も来ているのにまともに観光したことがなかったなと思い、観光するならどこかなと考えて梵魚寺に行ってみようと思いつきました。

梵魚寺は、地下鉄の梵魚寺駅があるので、ここまで行けばなんとかなると思い、きちんと調べること無く行きました。駅を降りると『梵魚寺入り口』という看板が出ていましたので道なりに進んでいくと梵魚寺まで3キロとの看板があったので『3キロを歩くのはちょっと無理だなぁ』と思っているとバスターミナルがありました。そこに人が並んでいましたので、多分このバスで寺まで行くんじゃないかと思って並んでいるとやってきたバスの表記には『梵魚寺入り口−梵魚寺』と書いてありました。正解でした。
バスに揺られて10分ほどでしょうか。ぐるぐると山道を登って行きました。



新緑に包まれたバス停を降りて石段を登って行くとやがて山門が現れてきます。
どうやらこれでよいようです。ゆっくりゆっくり階段を上がっていきましたが、それでも足腰に来てしまうのは普段の不摂生のせいでしょうか。

2015-02IMG_8673.jpg

これはなんというのでしょうか。
カラフルな提灯でいっぱいです。どこかで見たことがあると思ったのですが、それは『海印寺(ヘインサ)』に行った時、そして慶州の『石窟庵』に行った時に見たのを思い出しました。はからずもこの季節にいずれも行ったようで、お釈迦様の生誕を祝う灌仏会の季節なのでした。

2015-02IMG_8682.jpg

釜山では梵魚寺に行ったのが唯一のそれらしい観光でした。僕にはもうこれでいっぱいいっぱいです。足は痛いしすっかり疲れきってしまいました。その足で西面に行こうと思ったのですが、足が痛くてギブアップ。僕は常日頃Oneday OneThing と公言してはばからないのですが、まさにそのとおりでそのままホテルに戻りました。
そしてホテルの前に来た時にちょうど海の向こうの広安里に沈む夕日と出会いました。

2015-02IMG_8806.jpg

ほんの一瞬の真っ赤な夕暮れでこのうえもなく美しい夕陽でした。
この夕陽に出会えただけでも釜山に来た甲斐があったような気がします。
こうして僕の釜山−ソウルの旅は終わったのでした。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

スポンサーサイト

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その8パークハイアット釜山

今回の旅の後半はパークハイアット釜山に泊まりました。
本当はステイカウントが付くC&Pが良かったのですが、直前予約ですから枠がなく無料宿泊となってしまいました。ここはいつ来ても快適です。釜山入りした時は雨模様でしたが、翌朝にはすっかり晴れて釜山らしい良い天気に恵まれました。

2015-02IMG_8550.jpg

今回のお部屋は、はじめてのマリーナ側でした。海側よりはこちら側のほうがちょっと広いようです。どっちが好きかと問われれば、マリーナ側が良いと思います。ベッドルームも広いですし、なによりバスルームが広いなと感じます。

2015-02IMG_8465.jpg

窓から見えるマリーナの風景もちょっといい感じです。

2015-02IMG_8576.jpg

到着した日はすでに酔っぱらいでしたし、雨も降っていたので外に食べに行く元気もなく、部屋でルームサービスを頼んでいます。僕はいつもクリーム系のパスタかクラブハウスサンドを選ぶのですが、今回はリングイネのクリームパスタを選択しています。パンがついてくるのでお腹も膨れます。

2015-02IMG_8506.jpg

今回は1Fのパティスリーで買ったケーキをデザートにしています。
午後の6時から8時だったと思いますが30%オフになるのでちょっとお得かも。買ったこのケーキはお腹が膨れないものなので正解でした。

2015-02IMG_8505.jpg

ダイヤモンド会員向けのアメニティはポイントかフルーツ&ワインなのですが、もちろんフルーツ&ワインを選択しています。フルーツに手をだすことはないのですが、ワインがありがたい。ハーフサイズなので2晩あればちょうど飲みきりサイズになります。このワインはおいしかったですよ。

2015-02IMG_8512.jpg

フルーツ好きの方には良い選択ですよね。
今の季節にりんごが出てくる不思議さ、梨も今からもう出ているのかという疑問はありますけども。
マンゴーもあります。これだけは食べました(笑)

2015-02IMG_8511.jpg

朝ごはんは32Fダイニングルームでいただくのですが、今回は31Fリビングルームでのご飯となりました。宿泊者が多くて、リビングルームを開放したのでしょう。メニュー等は変わらないと思いますが、どっちがいいかは悩みどころ。まぁ、どっちもいいですかね。

32Fのライブキッチンほどのプレゼンテーションはありませんが、ここはここで卵類などはその場でオーダーして作ってくれるようです。ただ着席した際に卵料理は聞かれるので、ここでわざわざオーダーすることはないはずなので、どういうことだろうと思いますが、答えはわかりません。

2015-02IMG_8594.jpg

今回のメニューはプルコギ小どんぶり。
朝からプルコギどんぶりにしましたが、なかなか美味しかったです。ここでたくさん食べてしまうとお昼ごはんは食べれなくなるので、ご飯は極限まで少なくしましたが、それでもお腹いっぱいになりました。

2015-02IMG_8601.jpg

パークハイアット釜山には今回2泊でしたが、ホテル滞在を楽しむには2泊は短いですね。可能であれば3泊4泊すればホテル滞在を存分に楽しむことができるのになって思います。
僕のホテル遊びのオキテでは『アワードの時はできるだけ部屋にお金を落とすこと』なのですが、短い滞在ではルームサービスにも限りがあり、ほんのちょっとしか落とせませんでした(笑)

パークハイアット釜山での滞在を楽しんで東京に戻ったのでした。
そうそう、釜山で何したかって?
久しぶりに正しく観光しました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その7韓定食屋での再会

旅も後半になったようです。
ソウルでの友人ご家族との会食は、ものすごく楽しかった。1年ぶりに会うコドモたちはちょっと大きくなっていてびっくり。イタズラ盛りで元気いっぱいで大いにオトナを楽しませてくれました。

今回選んでいただいたのは韓定食屋さんです。
ヒルトンホテルのすぐ近くにある『イェダンパンチャン』という韓定食のお店でした。こじんまりとしたお店でお店全体も新しいのかとても清潔感のあるお店です。

2015-02IMG_8439.jpg

カルビとカンジャンケジャンの定食を頼んでいますが、カンジャンケジャンはどこまでも甘くて美味しい。
カルビは脂が乗って軟やかくて美味しいものでした。クルビも美味しいし、数々のお皿のパンチャンだってどれも美味しものでした。

2015-02IMG_8420.jpg

テンジャンチゲは、食べなかった気がしますが、おからのチゲはとても美味しかったのを覚えています。おからのチゲははじめてでした。そしてマッコリも栗のマッコリなど不思議なマッコリがあって、でも生マッコリ特有のプチプチ感と爽やか感に加えて栗の風味がしたりして美味しく飲むことが出来ました。おかげ様ですっかり酔っぱらいとなってしまいました。

2015-02IMG_8424.jpg

11時30分から飲んだり食べたり、終わったのが2時くらいだったと想います。
楽しい時間もあっという間で、名残惜しくコドモたちとソウル駅で別れました。前に会ったのは1年前かぁ。大人たちは10年経っても変わらないのにコドモたちは1年で大きく成長しています。僕はなんだか孫と遊んでいくる気分でしたが、子供の成長はうれしくってたまりませんでした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その6復路便変更

ソウルにいるときにJALから連絡があり、復路の便が変更できたことを知りました。
WEBサイトを見てみると、キャンセル待ちだった午後便が確保できた様子がわかります。
今回、復路の釜山発が7時50分でしたので、7時前、僕の性格的には6時30分までには空港に到着することを考えると相当早く多分5時30分にはホテルをチェックアウトしないといけないので、ちょっと面倒だなって思っていましたが、これで午後便へ変更できたためだいぶラクになりました。



帰国日に乗る朝早い便は比較的好きなのですが、さすがにちょっと早すぎました。
ただ、午後便になるとこの日は一日がかりになるのでちょっと悩ましくもあります。まぁ、変更してしまったので仕方ありません。でもパークハイアット釜山の朝ごはんを食べることができるのでちょっとありがたいです。

JAL便での帰国日の変更というかキャンセル待ちを入れたことがこれまでもありますが、ギリギリで落ちてくることが多くありがたいことです。空席があるならば回してくれるのかという気もします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その5ファム洞で見つけたソソカルビ

フォーポイントの裏側にはファム洞が広がっています。
もともとこのファム洞は南山の麓でソウル駅へとアクセスもよく戦中日本人が多く住んだところでした。日本人が住むということは日本家屋を建てたということで、その名残が今でも点在しています。数年前までは私もこのエリアをぐるぐる歩き戦後70年経っても何とか生き残った日本家屋を探して回ったものですが、今回の旅は日本家屋探しではないので特にはチェックもせずでしたが、ホテルの窓から眼下に広がる家々を見ているとまだ少し残っているようにも見えました。再開発の波がファム洞にも押し寄せていますので、もうまもなく見ることができなくなるかもしれません。

さて、今回は晩ご飯でも食べるかなとホテル裏のファム洞を歩いた際に見つけたお店に吸い寄せられました。
『ソソカルビ』って書いてあるじゃないですか。店の中を覗きこんでよく見ると『新村元祖ソソカルビ』ともあるので、明確にシンチョンがあるお店が元祖なんですよと最初から言っているようです。
シンチョンにあるソソカルビはあまりにも有名になってしまいましたが、安くて美味しいソソカルビはしばらく行っていませんが大好きな名店です。

韓国語で『ソソ』は『立って』という意味です。
本家本元のシンチョンの店は『ソソモンヌンカルビチプ』と書いてありますから『立って食べるカルビ屋』ですが、通称『ソソカルビ』です。

においに引きつけられてお店に入ってしまいました。ただ、ここは座って食べる店で、それでも『ソソカルビ』と名乗るのはなんだか不思議です。今の韓国には日本のような立ち呑み文化はないようなので椅子のない店は難しいのかも知れません。



メニューは、1人前220グラムで15000ウォンだったと思います。
そしてシンチョンにないものがあるとすると白ご飯、テンジャンチゲだと思います。
こういう店は2人前からですので2人分とビールを頼みました。

2015-02IMG_8159.jpg

まずは1枚ほど肉を焼いてくれました。これで1人前です。
ここでは炭火で焼いていて練炭で焼くシンチョンとは異なります。焼き網もデリケートというか細い針金のような網です。そして右下に見えるタレ。これがシンチョンのお店の秘訣だと思うのですが、それも再現していてほぼ同じ味だと感じました。なにか違うかと問われれば、ほんの少しだけ甘みが弱いかも、しかし微妙な差です。

2015-02IMG_8183.jpg

まさかこんなところでソソカルビの味に巡り合えるとは思いませんでした。
このあとふらふらとファム洞を散策しましたが、古い家や商店が広がりなんだか古いソウルを歩いているようでとても楽しめました。

※簡単ですが地図をアップしておきます。
おおよその所に★を付けておきましたが、だいたいこの辺りにあります。
4号線12番出口を上がると大きなビルが2つ3つあります。そのビルの上がフォーポイントです。フォーポイントの向こう側にある坂道を上がっていき、しばらくすると店が右側にあります。 この辺りまでくればかなりわかりやすいところにありますので、間違うことはないはずです。


015-05-06_22_08_24.png



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その4フォーポイントの朝食

フォーポイントの朝食の様子をお届けしましょう。
今回は、プラチナ会員向けのベネフィットで無料で食べていますが、有料ならいくらするのでしょうか。それはわかっていません。
かなり広いスペースのレストランで、スペース的には十分ではないかと思います。
なお、ここは大きなレストランですが、宿泊がフルブックのようで混みあう時間帯である8時30分より前に来て頂けるとありがたいという案内が部屋に差し込まれていました。

ライブキッチンがあります。
ここでは卵料理とうどんが作られています。なんでうどんなのかはわかりませんが、うどんです。野菜や海老などを丼に入れて渡すとうどんを湯がいて作ってくれます。よくバンコクなど東南アジにあるスタイルと同じです。



ちょうどこの写真がそうですね。うどんコーナーです。
優しいピンク色したのがむきえびで、自分の好きな量を手前の丼に野菜とともに入れて作ってもらうスタイルです。気にはなりましたが、朝からうどんはちょっとなぁという思いやうどんは日本のほうが美味しいのでわざわざ韓国で食べないでもという思いがあり、食べませんでした。

2015-02IMG_8218.jpg

その他のメニューはどこのホテルでもたいして変わりません。
野菜があったり、ホットミールがあったり、パンがあったりフルーツがあったりです。

2015-02IMG_8221.jpg 2015-02IMG_8212.jpg

結局選んだのは、普段の出張ホテルでの朝ごはんと変わりません。
サラダ系とベーコンとソーセージ。いつもと違うのは、クロワッサンを選んだことでしょうか。ちょっとバターが多いですが、サクサクとして美味しいクロワッサンでした。

2015-02IMG_8223.jpg

このホテルの窓からはソウル駅とその向こう側が見えます。
ディープなソウルマニアには、駅の向こうのトンネがたまらないかと思いますが、再開発のナミが押し寄せている様子が見て取れました。かくいうこのホテルもファム洞ですからまさかこんなところが再開発で綺麗になるとは驚きでした。ホテルの浦にはファム洞のいい感じの街並みがまだ残っていて、新しいものと古いものが交錯するソウルらしい街並みが残っています。

2015-02IMG_8232.jpg

そうそう、夜ちょっとラウンジで一杯やってみました。
今回はCash&Pointでの宿泊ですからなんだかんだ言いながら格安ですし、少しはお金を落とさないとね。Jackdanielをロックで一杯。くつろげるソファーでゆっくりと一杯やると僕はもう部屋に戻るのが精一杯で、あっという間に沈没してしまいました。

2015-02IMG_8198.jpg

最後は潰れちゃいましたがなかなかステキな夜を過ごしました。
こういう時間の過ごし方が気に入っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その3フォーポイントバイシェラトンソウル南山

ただいま韓国滞在中。現地からお届けしましょう。
今回のソウルでは5月1日開業のフォーポイントバイシェラトンソウル南山に宿泊しています。はからずも開業初日に宿泊することになりました。別に初日を狙ったとかそういうのはなくて、SPG系ではたまたまここしか空いていなかったというのが理由です。
多分おそらく、このホテルのレポートは日本では一番早いかもしれませんね。気になっていたSPGファンも多いかと思いますので、いつになく写真も多めにお届けします。

韓国へのアプローチは釜山です。釜山の金浦空港から東大邸までバスで向かいKTXに乗り継いでソウルへやってきました。到着したのは18時位だったかと思います。ソウル駅から歩いて5分位でしょうか。一番近いのは4号線ソウル駅の12番出口です。地上に上がったら2分ほどでしょうか。
大きくホテルの名前が出ていますので、迷うことはないかと思います。
大きなビルがいつくも建っていてその内のひとつの昼の高層階がホテルになっています。



フロントは19Fです。
あまり大きなレセプションではなく、御覧頂いての通りの2−3人でいっぱいになるようなフロントです。わたしの前には写真のように2組ほどのお客さんがいて少し待ちました。

2015-02IMG_8121.jpg

この19Fには、フロントとの対面に写真のようなロビーコーナーがあり、PCも2台ほど置かれています。その奥にはラウンジがあり、コーヒーやお酒などを楽しむことが出来ます(有料)。今回は夜にちょっとお酒を飲んでみました。
この他にはレストランがあって朝食会場になります。

2015-02IMG_8112.jpg 2015-02IMG_8119.jpg

フロントだけではなくこのホテルの作りは全体的にモダンです。新しいシェラトンや新しいヒルトンの作りに似ています。スタッフには日本語のできる方もいて非常に助かりました。

今回アサインされた部屋は、30Fデラックスの部屋だそうです。スイートはないのでごめんなさいということでしたが、今はPLT会員に対してそういう運用はしていないはずなので、特に問題はありません。デラックスで十分です。
部屋の広さは、35平米くらいでしょうか。ワイドスパンの部屋でなかなか良いです。特筆すべきはこのベッドで、これまで多くの部屋で寝てきましたが、ここ以上のベッドはありません。ものすごく素晴らしいです。硬さももちろんですが、こんなに寝やすいベッドははじめてでした。

2015-02IMG_8122.jpg

デスク周りも十分な広さですね。今このデスクでPCを広げてこの記事を書いていますが、広さも十分ですし椅子の具合も十分、電源も確保されていてこれまた十分です。仕事での滞在も十分に良いと思います。

2015-02IMG_8129.jpg

ただすべてが良いかというとそうではなく、問題は水廻りです。
バスルームは十分なスペースが確保されているのですが、レイアウトが非常に悪く、せっかく広いのに狭くなっています。近年稀に見る下手な設計で、せっかくのホテルが台無しになっています。
奥に見えるバスは非常に狭いものです。こんなに長い洗面台にする必要がありません。また、バスタブの位置にはトイレを置くべきです。

そして最大の欠点は、バスタブの半分にガラスの壁があるのですがこれが邪魔してお湯を出すには、湯船の中に身体、そして足を入れないと出すことが出来ないことです。つまりお湯を入れると足が濡れるということです。湯をひねってもすぐに湯が出るわけではないので、冷たい水が足を濡らします。だんだんと水が熱くなり、今度は水をひねって適温にすべく調整をするのですが、もうその頃にはズボンのすそは濡れていることでしょう。パンイチになってお湯を入れなければなりません。僕は何度かお風呂に入ったのですが、そのたびにまずはズボンを脱いでパンイチになってからお湯をためました。
でもね、もっと大きな問題は、お湯を止める時なんです。お湯を入れるときはまだいいんです。お湯を止めるにはたまったお風呂にはいらないと止められないのです。パンイチのままで部屋でお湯がたまるのを待っているか、あるいは素っ裸になってお湯を止めに行ってそのまま入るしか選択肢がありません。ズボンを脱いだり履いたりするか、面倒臭ければ、お湯がたまるまで部屋でパンイチになって待っているしかありません。
滑稽この上ない、ありえないお風呂です。

追記しますと、お湯とお水の水栓は左右が斜めになっていて水平ではありません。テキトーに作りつけたということが一目でわかります。日本ではありえない施工です。

そして写真にはありませんが、この一列の反対側にシャワーブースとトイレが悠々と作られていて、この2つを確保したためにバスタブがミニミニサイズになってしまっています。レイアウトの失敗作のようなバスルームでした。

2015-02IMG_8134.jpg

アメニティは何でしょう。はじめてのブランドのような気がしますが使いここちは可もなく不可もなくと言った感じでしょうか。1セットしか置いてありませんでしたが、2セットくらい置いてくれるといいのになと思います。

2015-02IMG_8144.jpg

今回図らずも開業の日に宿泊しましたが、特に特別なこともなく何か開業記念のモノがあるわけでもなく、淡々としたものでした。スタッフも訓練されていたと思いますし、悪くありません。
お風呂にお湯を入れるにはパンイチにならなければならないという問題もあるものの個人的には大いに気に入りました。
レストランの様子は、明日の記事でお届けしましょうかね。

※気になったのは2点。部屋の匂いです。新しい建材のせいかにおいがします。じゅうたんなのか壁なのか接着剤なのかそれはわかりませんが、ちょっと良い匂いとはいえず、匂いに敏感な人には気になるでしょう。においに過敏な方は当面宿泊を避けたほうが良いと思います。
そして2点目。翌朝のレストランでの様子を見ていると宿泊者で一番多いのは韓国人でした、そしてその次に多いのは中国人でした。開業初日から大型バスでやってくる中国人の団体様ご一行で賑わっていました。それをどう感じるかですかね。僕自身は正直なところネガティブです。日本人や欧米人はまだまだ少ないように見えました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その2釜山のホテルはパークハイアット釜山

今回の釜山ーソウル旅行では、釜山に到着してすぐさまソウルに移動します。
LCCでいくかKTXでいくかは現在未定ですがLCCで行くには予約がいるので、性格的に予約は行動を成約されるので面倒ということもあり多分おそらくKTXでソウルに向かうことになると思います。
金海空港から大邸まで高速バスが出ているということを聞きましたので、バスで大邸まで向かってそこからKTXというのがいい方法かなと思います。
ただ当日金海空港で考えます。こういう出たとこ勝負なのが好きです。

2015-04-26173633.png

ソウルでは、フォーポイントに泊まるのですが、その後釜山に戻って泊まる宿を決めました。何だかんだ言っても釜山では一番お気に入りのパークハイアット釜山に予約を入れました。久しぶりに海雲台のウェスティンにしようかなと思ったのですが、ものすごく高騰していて諦めました。

2015-02IMG_6456-2.jpg

パークハイアット釜山はロケーションが決して良くないので、今回も沈没旅行になるような予感がします。
なんとか1度は外出したいなと思いますが、どこに行こうか?久しぶりに機張市場にでも出かけてくるかなと思っています。なんだか毎回同じようなところばかりになっていて、新たな発見がほしいところです。

2015-02-14120306-1.png


韓国旅行の時は、普段は格安のolleh-Wi-Fiを使っているのですが、せっかくのSIMフリーのスマートフォンですから今度こそ試してみたいと思っています。
コンビニでのプリペイドSIMの販売が本格化していますので、今回釜山の空港でプリペイドSIMを買ってみようと思っています。
韓国のMVNOキャリアのEG SIM。空港や市内のコンビニ『GS25』でSIMを販売しています。
金海空港ですとゲート1と2のあいだのプレミアムトラベルセンターで受け取ることができるのことなので、事前に日本で予約しておくのがいいかもしれませんが、僕には向かないな、事前予約というのは。とはいえ、釜山市内のすべてのGS25で売ってはいないようなので、事前に調べておく必要があります。

このEG SIMについては、EG SIMの<HP>を見てください。詳しく書かれているので参考になると思います。
プリペイドSIMのラインアップは以下の5種類あるようです。

1)ナノSIM 35000ウォン(30000ウォン入り)
2)マイクロSIM 30000ウォン(30000ウォン入り)
3)マイクロSIM 50000ウォン(50000ウォン入り)
4)標準(ミニ)SIM 30000ウォン(30000ウォン入り)
5)標準(ミニ)SIM 50000ウォン(50000ウォン入り)

僕はiPhoneなのでナノSIMで35000ウォンのモノを買えばいいということですが、ショートトリップなのでかなりもったいないかも。結局3000円も出してだなんてもったいなくてEG SIMを試すチャンスがないかもしれません。もったいない病が発生しそうな予感がします。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年5月釜山−ソウル旅行】その1特典予約が取れたよ!

成田−釜山路線でアワードのキャンセル待ちを入れていたのですが、なんと、、、取れました。
GWのピーク時ですのでアワードの空席を探した時にはすでに釜山だけではなくどの路線にも空席はなく、どこに空席待ちをかけるかなと思いつつ、釜山にキャンセル待ちをかけました。まぁ、取れなければ取れないでもいいと思っていたのですが、、、取れました。

どこでもよかったのです。
釜山でもソウルでもバンコクでも。
たまたま釜山に予約を入れたら落ちてきたという状況なので、せっかくですから行くことにして発券をしました。ただ復路は、別の便へのキャンセル待ちをかけたままにしてあります。

2015-04-118-1.png


で、釜山に行くつもりにしていたのですが、そういえば友人ご家族がきっとソウルに行くに違いないと思い連絡を取って見るとやはり予想は的中しました。僕はフライトこそ釜山路線ですが、そのまま飛行機かKTXでソウルに向かうことにしました。そのため今回はソウル滞在がメインになります。

2015-04-12124755.png

今回のホテルは、フォーポイントバイシェラトン ソウル南山という5月1日開業の新しいホテルです。新規開業ですからオペレーションもぐちゃぐちゃのような嫌な予感もしますが、まぁ、それでもいいかな、ここは韓国ですしね、うまく泊まれなくてもなんとかなります。幸いにも多少の韓国語は操れるので言葉の問題は無いですし。
今回はもちろんキャッシュ&ポイントでの宿泊です。ステイカウントも付きますしね。それにてもフォーポイントでカテゴリー4で1泊5000P+75ドルとはちょっと高すぎる気がします。ウェスティン都ホテル京都と同じだなんて、、ありえない。

ほとんど情報のないホテルなので、最寄りの駅もわからずですし、まぁ、ソウル駅か金浦空港からタクシーでアクセスするとは思いますが、一歩も譲らないタクシーの運転手との戦いが厄介だなぁと今から心配です。
韓国人のタクシー運転手との戦いはこれまでいろいろありましたがおおよそこんな感じです。

『地下鉄サムソン駅の四つ角にあるパークハイアットまで行ってください』
『サムソン駅?』
『そうです、サムソン駅の交差点です』
『ハイアットはナムサンだ』
『サムソン交差点まで行ってください』
『サムソンにハイアットはない』
『いいからサムソン交差点に行ってください』


こういう会話がなされてもタクシーは南山に向かおうとします。南山にあるハイアットはグランドハイアットで、これ以外にはハイアットはないと断言されて、ここに行こうとします。なんとかサムソン駅に向かわせると交差点にあるホテルにハイアットの小さな文字を認めると、やっと理解してくれます。
こんな戦いがこれまで何度も繰り広げられてきました。

今回は、全くの新規開業のホテルです。
フォーポインツなんて単語が通じるのか。シェラトンは新道林(シンドリム)だと言いはるのではないかと今から戦いの予感がします(笑)

※追記その1
住所見てみるとトンジャドンですね、これってソウル駅前です。最寄りの駅はソウル駅ということはかなり便利ですね。タクシーの運転手との戦いは回避されそうです(笑)

※追記その2
ソウルでの仕事も入ってしまいました。そんなに拘束される時間は長くないですが、まだお目にかかったことのない韓国人との業務が入りました。そして日本への帰国後にソウルに逆戻りで出張しなければならない嫌な予感もします(笑)

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ