マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

【ヒルトン】コンラッド東京で遭遇

僕の仕事は大阪で仕事することが多いのですが、基本的には関西担当です。
大阪・京都をベースに神戸、岡山、広島あたりに行くことが多いという状況です。また縁があり静岡あたりにも出没します。東京で仕事することはとても少ないのですが、それでも時折あって、この日は日曜日でしたがコンラッド東京に行きました。
平日であれば帝国ホテルを使うことが多いのですが、土日の帝国ホテルはダメです。ものすごい人で溢れていてコーヒーラウンジは満席御礼ということが多く、仕事で使うには無理があります。
そのため週末はコンラッド東京を使います。

2015-02IMG_0731.jpg

28Fのラウンジでの仕事になります。
今回はメインラウンジのトウェンティエイトを予約しておきました。

2015-06-06121002.png

周囲を見渡すとヒルトン系ということもあり欧米系、特に米国人だと思いますがずいぶんとフロント周りやラウンジで見かけました。これがヒルトン大阪だと時間帯にもよりますが、中国人でごった返しというか中国の飛び地のような状況ですがずいぶんと客層が違うなと感じます。

そうそう、トイレに向かったのですがフロント前で『あれ?』と見覚えのある顔に遭遇しましたが、もしかしたら人違いかなと素通りしました、そして戻ってくるときに名前を呼ばれました。
人違いではなく、ヒルトン大阪にいらっしゃったスタッフでした。それも2人して待っていてくれました。
最近ヒルトン大阪ではお見かけしないなと思っていましたが、半年前、そして1ヶ月前に人事異動で移って来られたとのことで、3人で大いにびっくりしたのでした。大阪ばかりでなく東京でもヒルトン系を使ってくれているということで大いに感謝されました。これまで何年もお世話になったスタッフがここにいらっしゃるということで、これからの利用頻度も高くなるような気がします。

僕はヒルトンは今はもうダイヤモンド会員ではなくめったに泊まらないのですが、ヒルトン大阪の喫茶、食事ではものすごい金額をこれまでの6年半で落としてきました。ノマドワーカーでしたからヒルトン大阪はオフィスだったんです。オフィスのない僕の仕事を理解して支えてくれたヒルトン大阪のスタッフにコンラッド東京で出会えるとは、思いませんでした。
久しく泊まっていないコンラッド東京ですが、たまには泊まってみようかなって思ったのでした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

スポンサーサイト

久しぶりのヒルトン大阪のあれこれ

6-7月にかけて2度ほどヒルトン大阪に宿泊しています。
1度目はいつもの様にエグゼクティブフロア。たしかラウンジと同じフロアの部屋だったと記憶しています。
当日予約の法人レートです。

もう何度も書いてきていますが、最近の大阪のホテルはものすごく高騰しています。為替レートのせいなのか、近隣諸国の経済成長のせいなのかはわかりませんが、アジアからのお客様で大賑わいです。
そして、私がしばしば泊まるハイアット大阪、神戸ベイシェラトン、シェラトン都ホテル大阪がもう手の出ない価格の時があるのです。そして法人レートとはいえヒルトン大阪が一番安いという有り様です。
素泊まりで予約していますが、現在はゴールド会員ですので朝ごはんもついていたりして、エグゼクティブフロアになればラウンジも使えますし(開いている時間に行くのは至難ですが)、部屋が狭いという思いもありますけどロケーションも良いし、美味しい朝ごはんもあるしで何の問題もありません。
快適な滞在をさせていただきました。

2013-4-IMG_9748.jpg

時が変わって、この時も当日予約。
エグゼクティブフロアはいっぱいだそうでデラックスの部屋になりました。
ところがこの部屋がなかなか良いのです。
リノベーションがされたようで、全体的にとてもいい感じに変化しているのです。
ベッドは2つの部屋でしたので、狭いベッドが2つです。

2013-4-IMG_9897.jpg

激的に変わったのが水廻りです。
バスルームを2つに仕切ったようです。
洗面台とトイレがひとつの空間にあります。

2013-4-IMG_9905.jpg

そしてお風呂が独立しました。
深いバスタブに洗い場があるのです。まるで家の風呂のようにバスタブの外にお湯が流せるのでとても快適です。
欲を言えば、洗面器と椅子があれば満点です。
このお風呂がとても気に入りました。
私はバスタブがあってもなくても構わないという人ではありますけど、このお風呂なら大満足で入りたくなります。ゆっくりと身を沈めていると一日の疲れが飛びます。というかすっかり疲れてぐっすりと寝ることが出来ます。

2013-4-IMG_9907.jpg

デスク周りは少し変わっています。
少し見えますが、丸いテーブルでこれで仕事をハードにこなすには少し不便かもしれません。
そのため部屋で仕事をしなければならない人にはあまり向いていないのかもしれませんね。

2013-4-IMG_9903.jpg

チェックアウトの際に馴染みのスタッフに新しいデラックスルームはいかがでしたか?と尋ねられました。
お客様がどのような感想をお持ちになるかを伺っているそうです。
僕の好みではこれまでのエグゼクティブフロアより随分良いと感じるので、泊まる際にはエグゼクティブフロアよりデラックスルームを優先してほしいとお願いしておきました。
そしてエグゼクティブフロアも年内にはリニューアルが完了するそうです。デラックスルームの改装はかなり良いなと感じましたが、エグゼクティブフロアだとどんな感じになるのかな。
ヒルトン大阪はファーストプライオリティではないのですが、こんな感じでほかのホテルより安い時もしばしばあるので年に何度かは泊まっています。
これまでは消極的選択でしたが、ちょっと気に入りました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング 
 
JAL 日本航空
 
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード


来期ヒルトンステータスカードが到着

3月上旬、来期ステータスカードが到着しました。
届いたのは、ヒルトンHオナーズでした。
昨年度はダイヤモンド会員でしたが、今期はゴールド会員に戻ります。
ヒルトンはめったに泊まらないのでしかたのないことです。
ダイヤモンド会員のうちに泊まったのは、コンラッドバンコク、コンラッドソウル、ダブルツリー那覇、ヒルトン成田くらいではなかったかと思います。
それ以前のゴールドとは違い明らかにダイヤの威力を感じたのはコンラッドバンコクに泊まった時でしょうか。
その時はアワードだったかキャッシュ&ポイントだったかで宿泊でしたが、見事にスイートになりました。だいぶ古さの目立つようになったコンラッドバンコクですが、それでもスイートは素晴らしい部屋でした。

ヒルトンはゴールドで十分ベネフィットを感じますので、これからも長くヒルトンゴールドでありたいと思います。
すでにポイントもほとんど使い果たしていますので、アワードも使えないし、なかなかヒルトンを使うチャンスがありませんが、たまには泊まらないとね。昨年ほどではないのですがそれでもヒルトン大阪で爆裂レートがあるので今期も多少は使うかもしれません。



ヒルトンのカードが届き、ハイアットの今期のカードはすでに届いていますので、最後はスターウッドですね。
今期もスターウッドとハイアットの資格維持を目指していてただ今のところ、スターウッドは10滞在11泊、ハイアットは14滞在14泊です。順調に滞在していますので、GW前までには来期ステータスを確保できるのではないかと思います。ただ変更変更の連続なので正確な予測がつきにくいのですけども。ともあれ順調に推移しています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JALショッピング

JAL 日本航空

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード


ヒルトンプレミアムクラブジャパンはタダなら入ったほうがいいよ

現在JALのFOPステータス会員(JGC、クリスタル、サファイヤ、JGP、ダイヤ)のみなさんには、キャンペーンの欄に初年度無料の案内が来ていると思います。

わたしも2年ほど前だったか、ANAからの案内で会員になったことがあります。
当時は、ヒルトンはゴールドやダイヤの会員だったこともあり、極稀に使った記憶があります。
国内のヒルトン・ホテルが20%割引になるのが最大のメリットです。
レストランも部屋付にすると20%割引。
宿泊しないでのレストラン利用ですと10%割引です。

2013-11-02114509.png

残念ながら更新はしませんでした。
国内の大阪以外のヒルトン・ホテルに泊まる機会がとても少なくてベネフィットがそんなに感じませんでした。
当時はヒルトン大阪には頻繁に泊まっていたのですが、これは爆裂法人レートでしたのでこのHPCJをかぶせることができませんでしたし、ヒルトン大阪のレストランも頻繁に使っていましたが、いつも良くしていただいているのにちょっと悪いなぁという思いもあったものですから。
更新は1万円ほどで、食事券1万円分が付いていますので、実質無料で会員を維持できます。

また会員になるとヒルトンのシルバーステータスが付与されますので、ホテルのステータス会員をこれで維持するというのもありでしょう。ヒルトンシルバーは目に着くベネフィットはほとんどありませんが、ノンステータスよりは良いものです。

ただ、ヒルトンには三井住友VISAカードからゴールドステータスが付与されるクレジットカードがありますので、どちらかということ僕的にはこれが優先します。

エントリー期間は年内いっぱいですので、JALのステータス会員の方は考えてみるのもいいと思います。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


ヒルトングランドバケーションクラブの会員になった?

ヒルトンバケーションクラブってご存知でしょうか。
いわゆるバケーションレンタルですね。
詳しくは<ここ>を見ていただきましょうかね。

リゾート会員権みたいなものと思ったらわかりやすいでしょうか。
個人的にはお金もないし、関心がありませんが、ヒルトン好きの方には良いかもしれませんね。
私の友人にもひとりこの会員になっている方がいて、毎年ハワイに行っています。
そしてこの会員ポイントでヒルトンに泊まるのだそうです。

あ、個人的にはお金には縁のない男で不良債権や負債はあっても資産はありません。
そのため投資、運用などという世界とは無縁です。



さて、こんなメールが届きました。
そんな僕が、ヒルトンバケーションクラブの会員になったのでしょうかと驚くかもしれませんが、残念ながらどうも間違いメールのようです。
誰かがわたしを会員にしてくれたのかなとも思いましたが、そんな馬鹿なことがあるわけもありません。
ご丁寧に順を追って2種類のメールが届きましたので何事かなと思いますが、お詫びのメールは届きません。
どうやらうたかたの夢だったようです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


ホテルプログラムを考える(ヒルトン編)

ホテルプログラムを考えるシリーズの2回目はヒルトンです。
ヒルトンは、ここ数年アワードの改悪が続いていてアワードまでの必要ポイントの引き上げなどがあってちょっと複雑な気持ちではありますが、それでもやはり避けて通れない優れたホテルプログラムだと思います。
私は今は出張族なので、SPG>ハイアット>ヒルトンというプライオリティですが、出張族が終わればヒルトンに戻ります。

会員ランクは以下のように推移します。
・一般会員
・シルバー会員(4滞在もしくは10泊)
・ゴールド会員(16滞在または36泊、もしくは60,000ベースポイント)
・ダイヤモンド会員(28滞在または60泊、もしくは100,000ベースポイント)

一般的にGold会員以上になるとベネフィット満載になります。
特典内容はホテルブランドにより異なりますが、ボーナスポイント、インターネット無料、朝食、スナックなどがあります。またヘルスクラブは無料で利用できます。
そして何よりの感心事であるエグゼクティブフロアにはよっぽど運が悪くなければアサインされます。
ヒルトンの欠点は、Gold会員にラウンジアクセスがデフォルトでは付いていないことです。
エグゼクティブフロアにUGされればラウンジが使えるという運用になっているため、エグゼクティブフロアにならなければ、ラウンジが使えません。
これは唯一の欠点と言えます。
エグゼクティブフロアにならないケースというか最安の料金でエグゼクティブフロアにはならないホテルというのはやはりあって、よく知られたところではコンラッドシンガポールが代表的なホテルだと思います。
このホテルは1クラスアップ程度のアップグレードでエグゼクティブフロアにはなかなかしていただけません。このホテルのようにGold会員には厳しいホテルがあるという注意点がありますので覚えておくと良いでしょう。

何がこのホテルプログラムの良い所か? 
・ヒルトンHオナーズは、ポイントとマイルの両方を獲得できる(ダブルディップ)こと。
・さらに世界各地の3,700軒以上のホテルがあるので利用するのが非常に便利であること。
三井住友VisaーヒルトンーGoldカードをホールドしているとヒルトンGoldを付与される。
・三井住友Visa−ヒルトンープラチナカードをホールドしているとヒルトンDiamondを付与される(注意点あり)

ヒコーキの世界で言うSFCやJGCみたいなクレジットカードを持っていると会員ランクを維持できるというのがこのホテルの最大のメリットではないかと思っています。

三井住友ヒルトン−Visa- ゴールドカード』の詳しいことはリンク先を見ていただくとして、このカードはなかなか秀逸です。

2013-09-1100054.png


このカードは年会費は13600円ほどするのですが、マイ・ペイすリボ設定にしてリボ金額を限度額いっぱいにすると1回払いになるので余計な金利はかからない上、カードの年会費が7350円強になりますので、そのようにすれば負担感も軽減できます。私はそうして保持しています。

このカードを持つことでヒルトンゴールド会員になることができます。
ベネフィットは上に書いたとおりですが、SPGプラチナ会員やハイアットダイヤモンド会員と同じレベル感だと感じています。ヒルトンはダイヤモンド会員が最上級なのですが、Gold会員で十分というのが僕の考えです。
それほどGold会員にベネフィットが満載と感じています。

ヒルトンには『三井住友ヒルトンVisaプラチナカード』がリリースされています。

2013-09-1595813.png


このカードを持つとGoldステータスが付与されるのですが『年間120万円のこのカードでの決済』もしくは『10滞在』でダイヤモンドになれます。
とても魅力的なカードなのですが、年会費が65000円もするので、大いに悩むところでしょう。
なによりGold会員のベネフィットがあまりにも良いため、ダイヤモンドでいなければならないということがないのです。

このように提携クレジットカードをもつことでホテルの上級会員を維持できるというのが、このプログラムの最大のメリットと言えます。
SPGやハイアットのように年間25滞在するのは難しい。でもそれなりにホテルには泊まっている。
そういう方にはこの三井住友ヒルトンVisa-Goldカードを持つことでベネフィットを享受できるのが魅力的なプログラムです。

ちなみにダイヤモンド会員ですとラウンジアクセスはコンプリメンタリーとなります。
またスイートを含めたUGも対象になりますが、これはあまり期待してはいけないでしょう。

ヒルトンはホテル会員初心者にはオススメしたいプログラムです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


ヒルトンのダブルディップはアエロプランで。

ヒルトンホテルに泊まるとホテルのポイントの他にダブルディップと言って航空会社のマイレージが貯まるようになっている。
通常は500マイルである。
1滞在あたり500マイル貯まるので、これはこれでバカにならない。
通常はJALにしているのだが、去年の夏はエアカナダにしていた。
そして、今回このダブルディップがエアラインによって更にダブルになるようになっている。
泊まるホテルのエリアなどによっても異なるので注意が必要だが、JALやANAは今回対象外。
ユナイテッド航空が対象になっているが、私が普段泊まる日本のヒルトンは対象外であった。

11-スクリーンショット 2012-10-21 8.00.12

よく見るとエアカナダが泊まるホテルのエリアは関係なくワールドワイドのヒルトンホテルになっているので、年内はダブルディップはエアカナダに設定した。
1滞在当たり1000マイル貯まる計算になる。
現在32000マイルほどエアカナダにあるので、40000マイルにしておくとアジア内エコノミー2回分に相当する。
4万マイルまで8滞在か、、。
何とか頑張れそうな滞在数ではある。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

ヒルトンダイヤ修行【ヒルトン大阪18滞在目】

ヒルトンダイヤ修行18滞在目のこの日もヒルトン大阪である。
すでに7滞在でダイヤになれるキャンペーンのおかげで来期ダイヤは確定しているが、そうはいっても修行なのである。
この週も大阪に出張しており、HR大阪→シェラトン都大阪→ヒルトン大阪と1泊毎にホッピング。
ヒルトンは当日予約である。
10月の中旬のこの週は、大阪はものすごいホテル価格が高騰していた。

ハイアットリージェンシー大阪に10500円で泊まったのだが翌日の値段が18000円。
これじゃ泊まれない。
そしてシェラトン都ホテル大阪の値段が通常価格の8800円。
翌日も泊まろうかと思ったが、1泊17000円。
これじゃ泊まれない。
ホッピングする予定はなかったのだが、仕方なくのホテルホッピングである。
ヒルトン大阪に関しては、水・木とも満室で泊まれずで、最後の日の金曜に泊まった。
もちろん法人爆裂レートだから泊まれるのだが、、。

通されたのは、3213号室。
エグゼクティブフロアの一番奥の部屋である。
何度も泊まっている部屋なので新鮮味はもちろんない。

11-IMG_4298.jpg

ここ最近、ウェルカムアメニティーが少し簡素化されたようだ。
チョコレートプレートなどがついていない。

11-IMG_4300.jpg

そうそう、大きな変化があった。
10月になりWiFiのシステムが変わった。
これまではドコモのインタータッチを利用したシステムであり、宿泊のたびに毎回WiFiのパスワードをもらい入力する形であった。バスワードには有効期限があり、後日利用しようとしても難しい。
それが、10月になりログインの際に部屋番号と苗字を入れるだけになった。
24時間で1680円と書いてあった気がするが、結構な値段である。
僕は有償なら使わない。
幸いにもダイヤモンド会員ということもあり無料(ゴールド会員以上が無料だったと記憶している)なので使わせていただいているが、今時WiFiを有料というのは世知辛い。
無償にするべきだと思うけどな。

土曜日の翌朝7時にチェックアウト。
朝ごはんをパスして東京に向かったのでした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


ヒルトンHオナーズ-Visa-プラチナカードが出た!

三井住友カードから『ヒルトン Hオナーズ VISA プラチナカード 』が出ました。
これまでHオナーズのゴールドカードと一般カードは出ていました。
御存知の通り、私は長い間Hオナーズゴールドカードを持っています。

スクリーンショット 2012-10-20 14.59.19

このカードの最大の特徴は、ヒルトンの会員ランクの付与のあり方にあります。
与えられるのは、ダイヤモンドステータスではなく、ゴールドステータスです。

ダイヤモンドステータスには、通常より有利に「ダイヤモンドステータス 」を取得できます。 本プラチナカードにご入会いただき、1暦年間に10滞在または20泊、もしくは120万円以上を利用すれば、自動的に「ダイヤモンドステータス」に登録されます。
ちょっと変わったやり方ですよね。
中途半端というか、変わってる。

ただし、年間10滞在というのはかなり敷居が低いためヒルトンのダイヤステータスを得るのはかなり簡単と言えます。
通常のダイヤモンド会員資格は、1年間に対象料金で28滞在または60泊するか100,000ベースポイントを積算する必要が有るため、10滞在というはありえないほど敷居が低いです。

しかしながら、最初からダイヤモンドステータスを与えないというのはなんだかなぁという思いがします。
これだけの年会費なのでダイヤモンドステータスを与えてもいいのではないだろうか。

スクリーンショット 2012-10-20 15.12.32


現在は、入会キャンペーン (期間:2012.10/18-2013.1/31)をしていますので、検討される方はこの期間がいいでしょう。
・年会費:65,000円⇒初年度割引:38,750円
・3,000Hオナーズ・ポイント付与(キャンペーンボーナス)
・3,000Hオナーズ・ポイント付与(通常入会ボーナス ※切替するひとはは対象外です)

個人的には、魅力的なカードだと想います。
ただ、プラチナカードには興味なし。プラチナカードに付帯されるサービスにも一切興味なし。年会費もありえないほど高い。

そしてヒルトンに関しては、ダイヤステータスはいらないと感じています。
ヒルトンはゴールドで十分メリット満載なんですよ。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。



ヒルトンゴールドがもらえるよ。

今日はちょっとお得な話題です。
ヒルトンホテルではゴールドステータスを上げているようです。
ホテルのキャンペーンのページってまともにちゃんと書かれていないので、気がつくのが遅かったですがこのオファーの有効期限は2012年11月22日までです。

スクリーンショット 2012-10-14 8.03.59

エントリーは<ここ>から。

注意点は4つ。
1ヒルトンの会員番号が必要です。
2もらえるゴールド会員の期間は2014年3月までです。
3ボーナスポイントの25,000Pointsは2012年11月22日までに5滞在が必要。
 今からならかなり難しいので、これは諦めたほうが良いです。
Offer is valid for the recipient of this email only and is non-transferable.
 これは上記リンク先のエントリーの画像の下に小さく書かれています。もしかしたらE-mailでオファーのあった
 方のみが対象かもしれません。そうなるとターゲットオファーになるのでレジストできない可能性もありますので、その場合はお許し下さい。

私自身はヒルトンはダイヤモンド会員(SMC−HHーG会員)なので、このキャンペーンにエントリーしておりませんが、ヒルトンに関心のある方ならちょっとエントリーをためしてみるのもいいかもしれません。
私がヒルトンに関心を持つようになったのは、ユナイテッド航空からお試しヒルトンゴールド会員が送られてきてからです。
1年間ヒルトンを試してみてなかなか良かったので、有効期限が切れる前に三井住友ヒルトンゴールドカードをホールドしてヒルトンゴールド会員を維持することにしました。
2004年1月からですのでもう8年にもなります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。