マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

【2015年7月広州出張】その9番外編 街角の風景

海外出張に限らずですが、海外での街歩きは楽しいものです。
今回もちょっとした合間に垣間見た広州の街角の様子をほんの少しですけど番外編としてお届けしましょう。

これは、陳氏書院の入り口がわからず、その裏側に行った時の路地裏の写真です。
一般の人が歩く道ですが、洗濯物が干してあります。
真っ赤なパンツまで、、。

2015-02IMG_1213.jpg

ちょっとしたスペースがあるとなんでも路上で露店が始まります。
ここでは比較的マシなものを売っていたように思いますが、はだかの親父が、自分の着ていたシャツを売っているような露店まであったりして、驚きました。まさか脱いだシャツを売ってるわけではないとは思うのですが、でもそう見えちゃうのがおかしいです(笑)

2015-02IMG_1220.jpg

これもいかにも華南地区の風景ではないかと思います。
え?どこがって?
まず、青年の刈り上げあたま。これは典型的な髪型ですね。8割がこの手の丸坊主系です。
そしてわかりにくいかと思いますがズボン。僕は生涯履くことのないイロガラです。センスという概念も単語もないように感じます。それが華南地区。以前上海に行った時に中国人にそう教わりましたが、たしかにそうかもと感じたのでした。

2015-02IMG_1287.jpg

これは下町ではなく金融街でのひとコマです。
天秤かごの片方には、蓮の実。もう片方にはレモン。
蓮の実って、どうするのだろう。まったく想像ができません。食べるものなのですか?

2015-02IMG_1426_20150712225915c7f.jpg

中国ってオモシロイ。
最近は何かと危険なニオイがする事が多く、駐在員情報によるとこの5月にも珠海から広州へ白タクに乗った日本人駐在員が行方不明になっているようなので、大いに注意しながらの出張でしたが、これからも危険を上手に避けて旅行したいものです。

ほんの少しでしたが9回に渡り中国広州出張の様子をお届けさせていただきました。これにてこのシリーズは終りとなります。
次回の海外は、旅行では当面予定がありませんが、9月にバンコク出張が入りました。仕事ですから思うように遊んだりは出来ませんが、仕事の合間にバンコクの風とニオイを楽しんできたいなと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

スポンサーサイト

【2015年7月広州出張】その8ミッションコンプリート

今回の広州出張は、無事終わりました。
仕事の場面は旅行記には出てきておりませんが、ちゃんと仕事をしてきております。多少緩いスケジュールでしたので観光をしてみたり飲茶やビールを飲みに行ったりも出来ました。

なにより今回宿泊したグランドハイアット広州では、素晴らしい体験が出来ました。
スイートですので部屋がいいということばかりに目が向きがちですが、このホテルの良さはホスピタリティに在りです。
それが中国においてですからなかなか大したものです。
また広州に来るならば、必ず選びたくなるホテルとなりました。

2015-02IMG_1536.jpg


復路のJAL便はエグジット席を用意してもらっていましたが、離陸前に後部に移動させてもらいました。
真後ろの席の中国人が大声で話すので、まさに耳元でがなりたてられている状態です。頭痛が始まり脂汗をかきはじめました。うるさくてたまらないので後部座席で空いているところを用意してほしいとCAさんに依頼して移動しました。

広州出張は楽しく実りあるものとなりました。
また広州には観光で行ってみたいなと思いました。

そうそう、帰国した翌日からひどく体調を崩しました。僕はめったに風邪を引かないので前回いつ風邪を引いたか記憶がありません。少なくとも今の会社に異動してきてからの9年間一度も風邪は引いていないです。それが、今回の広州出張で風邪をもらってきたようです。
風邪の症状は、すこしばかりの熱と咳です。熱は37-38度が2-3日続きました。咳はいつまで経っても治らないので病院に行くと気管支炎と喘息の初期症状のようです。帰国してだいぶ経つのですが、クスリを飲んでも咳は治らないので喘息は初期症状から少し進行したかもしれません。
中国の空気のせいなのかそれはわかりませんが、旅行に出て体調をくずすというのがここ数年しばしばありますので、だいぶ体力が落ちてきているのかもしれませんね。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年7月広州出張】その7大好きなビールとドリアン!

今回の広州出張では事前にちゃんと下調べをしていなかったこともあり、現地で何かしようにも最寄りの駅もわからないというありさまです。地下鉄駅まで遠いのか近いのかさえわかりません。
ガイドブックはもちろん、地下鉄路線図もなし。
まぁ、仕事出来ているので仕方ないのですが、それでも忙中閑ありで時間ができるとホテルの外に出たくなります。
そしてネットで調べてみると、なんとPaulanerのビアホールがあるようです。タクシーですぐのようですが、地下鉄も乗ってみたくなり3駅ほど乗りました。

商業施設の最上階にあるようです。
行ってみるとすぐに分かりました。それにしてもかなりの大型店舗です。アウトサイドで飲むのも良し、エアコンの効いた室内で飲むのも良しです。

2015-02IMG_1432.jpg

へーフェバイスの500MLを頼みました。
ここではドイツのパンとかがついてくるようです。

2015-02IMG_1476.jpg

そして毎回お馴染みのウィーン風カツレツ。
なんだか最近こればかりなので飽きもあるような気もしますが、ついつい頼んでしまいます。上海のPaulanerで食べる味と全く同じでした。

2015-02IMG_1488.jpg

しかしここは明るすぎるビアホールで、まるでファミレスでした。
実際に年輪も行かないコドモたちも非常に多く、ファミリーレストランの様相でした。そして驚くのはバカスカ頼んで平気で山ほど残していくことなのです。この店は決して安くはないんですよ。実際にこの写真だけで4000円を超えていたと思いますしね。なんとも豊かな人が多いのだということを実感します。
そしてなにより驚いたのは、小学生がビールを飲んでいることです。オトナに混じって肉をくらい、パウラナービールを飲んでいるのはなんだか不思議な光景でした。不思議というより不愉快な光景ですかね。
国が違えば法律も違いますので他国の法律は知りませんが、僕の価値観では小学生はビールを飲んじゃいけない。中国では子供でもビールが飲めるのだろうか。まぁ、いいんですけどね、他国のことですから。


実は『満記甜品』を見つけていました。
見つけた限りは行かなくちゃなりません。パウラナーでは腹八分にしておいて、ちゃんとお腹を開けておきました。
頼んだのはもちろんドリアンパンケーキ。

2015-02IMG_1517.jpg

濃厚なドリアンを楽しむことが出来ました。
普通の方はマンゴーパンケーキでしょう。でもね、ここでマンゴー食べても仕方ない。ドリアンパンケーキでしょう。
久しぶりのドリアンを楽しむことが出来てちょっとラッキーでした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年7月広州出張】その6食在広州

せっかくの広州出張ですから街を歩きたいと思っていました。
どこに行こうかとネットで調べてみて前回行っていないところを1箇所行こうと考えました。そして今回選んだのは『陳氏書院』です。地下鉄の駅の近くのようなので、まずはタクシーでアプローチした後に地下鉄も乗りやすいと考えました。

2015-02IMG_1224.jpg

陳氏書院は広東省に多い「陳」姓の人々が一族の祖先を祭るとともに、一族の子弟を教育するために造った書院で、陳家祠とも呼ばれています。
陳氏はかつて河南省周辺に存在した小国「陳」を発祥とする姓で、紀元前1127年、舜の末裔であった陶器匠・嬀満が周の武王より与えられた土地(現在の河南省淮陽)で建国したことに始まります。紀元前478年に陳は滅亡し、その末裔たちが四分五裂される中、亡国となった母国の名を姓とした人たちの末裔が現在の陳氏です。
(※AraChinaより引用)


なかなか見応えのある建物でした。
特徴は屋根の上の彫刻物でしょうかね。
うだるような厚さの中、汗をかきかき見学したのでした。

2015-02IMG_1245.jpg

次の目指したのは『陶陶居』です。
リーズナブルな飲茶で有名なところですよね。私もできれば行きたいと思っていたので簡単に地図を作っておいたらなんとか目指す『陶陶居』にたどり着きました。先ほどの陳氏書院から地下鉄で一駅乗ったところでした。

2015-02IMG_1332.jpg

ただ、食べたいものがあまりないんですよね。
スペアリブの豆鼓蒸しがありましたので、選びましたが、それ以外は食欲があまりわかない。もちろんこれはおいしかったですよ。

2015-02IMG_1297.jpg

海老シュウマイというのでしょっか。
プリプリの海老を使った点心は定番ですよね。これもとても美味しいです。

2015-02IMG_1298.jpg

でもね、これくらいなのです、食べたいなと思うものは。
日本人にはあまり馴染みのなさそうなメニューが多く、手を出すには勇気がいるというモノが多かったです。

2015-02IMG_1304.jpg

味はどうかというと、まぁ、こんなものではないですか。
もちろん美味しいですけど、特筆すべき味でもなく、かと言ってまずいというものでもありません。値段も安いです。
香港や東京あたりの洗練された味ではないですが、納得の味だったかなと思います。
気になっていた『陶陶居』で飲茶が出来てちょっとうれしかったです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年7月広州出張】その5クラブラウンジ

数日間の滞在中、20Fにあるクラブラウンジには何度も行きました。
チェックインの際に朝ごはんはラウンジでね、と言われたこともありレストランのマーケットカフェではなくラウンジご飯を連日食べたことになります。
実はこのあたりは経験的にハイアットもSPGも交渉制ですね。交渉すればレストランで食べれるようになると思いますが、今回はこだわりはなかったので、ラウンジにおとなしく行きました。

ラウンジ入口のフロントデスク横の階段で上階に行くという使い方はしないのではないかと思いますが、ラウンジが立体的な空間になってなかなか上手な建築デザインだと思います。

2015-02IMG_1153.jpg

この辺りはよくあるラウンジの風景でしょうか。
この写真の時間は夜のカクテルタイムがすでに終わった時間だったように思います。外出先から戻ってきたときはすでにカクテルタイムは終わっていたのですが、、ワインを出してくれました。この辺りかなり臨機応変ですね。お見事です。

2015-02IMG_1150.jpg

窓際の席が比較的好きでいつもこの席でゆっくりワインを飲んだりオードブルでお腹を満たせたりしたのでした。

2015-02IMG_1138.jpg

これはある日の朝食です。
生ハム数種類、ベーコンに点心類。点心はかなり美味しいなと感じました。

2015-02IMG_1184.jpg

実はカウンターには置いていないのですが、卵料理などがあります。
朝だとタマゴ焼きなどをスタッフに言えば出してくれますし、また、卵はいらないかと声をかけてもくれます。そして夜のカクテルタイムでは、蝦雲呑麺を出してくれました。ワンタンメンともなるとオードブルというより晩御飯ですよね。
このあたりは、スタッフが声をかけてくれて知ったことで、テーブルにおいていないとわからないですよね。

全体的にラウンジスタッフのサービスもきめ細かく行き届いておりなかなか素晴らしいなと感じました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年7月広州出張】その4グランドハイアット広州エグゼクティブスイート?

広州白雲空港からはタクシーでグランドハイアット広州まで向かいます。おおよそ1時間かからない程度でしょうか。少し記憶が曖昧ですが、40-50分程度で到着したような気がします。

グランドハイアット広州は、新都心というか新しい街にあるホテルです。
周囲には銀行のビルが立ち並び、生活感は皆無の街並みです。
さてホテルの部屋を紹介しましょう。

2015-02IMG_1028.jpg

車寄せからフロントのある22Fまでエレベータで一気に上がります。
決して広く大きなロビーとはいいませんが、なかなか雰囲気があります。天井も高いのがいいですね。

2015-02IMG_1118.jpg

今回アサインされた部屋は、1406号室のスイートルームです。もちろん事前にダイヤモンド会員向けのスイートアップ権利を行使してスイートルームを確定させていました。
チェックインの際に『ものすごく広い部屋よ』と言われていて、ちょっと期待感が高まります。

まずドアを開けるとリビングルームが広がっていました。
広いんです、かなり。ここだけでおそらく50平米はあろうかと思います。

2015-02IMG_1050.jpg

コーナーソファーもいい感じです。
僕はここで寝てしまったほどです。

2015-02IMG_1056.jpg

ものすごく広いダイニングテーブルには、ダイヤモンド会員向けのウェルカムアメニティが用意されていました。
今回チェックインの際にはローカルアメニティではなく1000ポイントという選択をしていましたが、それとこれとは別のようです。これはここだけの運用ではなく、多くのアジアのハイアットホテルではこのように運用されているように感じます。

白ワインはワインクーラーで冷やされていました。
クッキーやナッツ類などはジャーポットみたいなものに入っています。
それに山盛りのフルーツ。フルーツを食べることはあまりありませんが、マンゴーもあれば桃もある。桃だけは食べましたが、日本クオリティの水準を感じました。

2015-02IMG_1048_20150711151448e05.jpg

これまでの3枚の写真までがリビングルームなのです。
そしてベットルームへのアプローチ部分にウェットコーナーがあります。
まずは洗面台ですね。ダブルシンクの洗面台で水栓の位置にチャイナクオリティーを感じましたが、もちろん合格点です。

2015-02IMG_1074.jpg

問題はこのバスルーム。
いや素晴らしいんですよ。でもね、これだけ広い部屋でなんでまたこんな狭いバスタブなのかがわかりません。久しぶりにこんな狭いお風呂に入ったような気がします。
アメニティー類はジューンジェイコブスで僕の好きなブランドで気に入りましたが、このお風呂だけはいただけませんね。それとデザイン重視の真横にしか飛ばないシャワーヘッド。コイツもいただけません。時折出会うシャワーヘッドですが、これを選ぶ意味がわからんなぁ。

2015-02IMG_1070.jpg

ベッドルームです。
大きなベッドでリネンも質もよく、快適に眠ることが出来ました。このベッドルームだけで40平米はあります。

2015-02IMG_1065.jpg

フロアのレイアウトを写真に収めていましたのでご覧頂きましょうか。
通常の部屋は45平米です。普通45平米もあれば十分な広さだと思いますが、今回の部屋はどう考えても120平米はありそうです。スイートは90平米と聞いていたのですが、どうやら通常のスイートより広い部屋にアサインされたように感じます。このフロアであれば1414号室と1422号室あたりがスイートでしょう。
1414号室が90平米のスイートと聞いているので、やはり相当なアップグレードをしていただいたようです。

2015-02IMG_1095.jpg

窓の外には、高層ビルが緑地の向こうに広がっています。
この緑地の下には商店街が広がっているような様子でしたが、足を向けることがなかったので真相はわからずというところです。

2015-02IMG_1098.jpg

このホテルの素晴らしさは、実はホスピタリティです。
チェックインの際にフロントの女性に名前を告げましたが、以降全てのスタッフに『Mr.shoji』と呼ばれ続けました。
ラウンジに行っても『Mr.shoji、特別に麺があるけど食べないか?』と言われてみたり、レストランに行っても『Mr.shoji この牡蠣は美味しいよ』とか。レストランではいつの間にか横についてフルアテンドをしてくれます。バッフェのレストランなのにです。
廊下で声をかけられたフロアマネジャーにも『Mr.shoji 部屋の具合はどう?』と言われるありさまです。
僕は初めて会う人ばかりなのですが、それでも『Mr.shoji』と僕の面は割れていました。すべてがこんな調子で、驚くばかりでした。お見事というしかありません。

非常に大事にされていると感じましたし、サービスも最高でした。
なにかどこかのVIPと勘違いしてるのかもしれませんね。僕は単なるサラリーマンなんですけどぉ。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年7月広州出張】その3いつものようにJALでフライト

広州出張の日が来ました。
僕が選んだのはJAL855便ですが、成田空港からのフライトです。午前便ですから朝早く成田に向かいましたが早起きは全然問題ないので、いつものようにという感じでしょうか。
今回はエグジットの席を抑えていましたが、どうも最近この座席の座面が腰に合わなくて非常に腰痛を感じます。通常の座席より少し固いのと座面の前方が少し上向きになっているのでさらに腰に合わないことになっています。この微妙な差をお分かりいただけますでしょうか。エグジットは今回で卒業することにしました。

2015-02IMG_1001.jpg

イミグレも大して混んでおらず、スイスイと通過しましたがついうっかり出国スタンプを押してしまいました。
残りの余白ページはもう10ページとなっていまい、残念ながら増補せねばならなくなりました。残存期間が丸5年ありますのでどう考えても増補しないでは難しいと感じます。

2015-02IMG_0990.jpg

これはラウンジで食べた朝ごはんです。
なんだか最近こんな感じですが、写真にはありませんが、カレールゥを少し別の器に入れてきました。タラコご飯を楽しみたいけどちょっとだけカレーもね。というパターンです。
お寿司は完全にパスです。タダなので文句言っちゃいけないのですが、お寿司よりタラコの方がいいかな。

2015-02IMG_0996.jpg

これが腰痛の元のエグジットシート。
短距離路線でももう選ぶことはありません。最後のエグジットとなりました。

2015-02IMG_1006.jpg

そして機内食ですが、これは歴代3番目のまずさでした。
どうしたらこんな味になるのだろう。
まずロマネスコ、というカリフラワーみたいな野菜ですが、食べ物に保守的な僕は見ただけでダメでした。大仏のあたまみたいな形でそれだけで食欲がなくなります。カレーのような味は悪くなかったのですが、使っているチキンが年老いた鳥でにおいと味がダメ。野菜ステックにつけるディップは塩味が強すぎてそのまま脳卒中になりそうでした。塩分が濃すぎて体がシビレました。僕は塩分が濃いと体がしびれるんですよね。マリネもまずい、味付けもシーフードもまずい。
色々チャレンジしているのでしょうけど、今回はすべてが逆回転というか、失敗ではないかと感じます。まぁ、味覚は人それぞれですから僕の意見が正しいとは思いませんが、少なくとも体がしびれるほどの塩気は適当ではないと思います。

ちなみにまずい機内食の歴代1位は中華航空(台北ー成田)で食べた機内食。歴代2位はバンコクエアウェイズ(ルアンパパンーバンコク)で食べた機内食でした。
ついつい昔ひどい目にあった機内食の味まで思い出したりして、残念な機内食でした。それにしても、この機内食は日本で作ってるのでしょうか?本当に日本で作っているのかとても疑問です。間違っても日本メイドではないですよね?前の日に海外で作ったのを日本に持ってきて朝便なので出したんですよね?だっておおよそ日本人が作る味ではないのですもの。これが日本人が作った味だとはなにをどう考えても考えられないのです。

2015-02IMG_1014.jpg

それにしても歴代3位のゲロマズ機内食をJAL便で食べるとは思いもしませんでした。
まずいもので我慢して食べるのは嫌なんですよね。朝ごはんをラウンジで食べていたので昼ごはんの機内食を食べないでも問題はありませんでしたが、こんなもの出してちゃダメですよ。社内でパスして出しているメニューだとは思いますが、ほんとにパスしたの?と疑問符だらけの機内食でした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年7月広州出張】その2ホテルは迷いつつGH広州

広州への出張の手配をしています。

ホテルはどこにしようか迷いました。
だいぶ以前ですがウェスティン広州には泊まったことがあります。記憶によるとCas&Pointで宿泊したのですが、エグゼクティブスイートにアップしていただいたことがあり、好印象があります。100㎡くらいの部屋にビューバスで快適な滞在をしました。
今回は出張ですから値段もあまり気にしないでもいいとはいえ、どうしようかな。

気になるホテルはグランドハイアット広州です。
当時はまだないホテルで建築途中だったように思います。

ホテルは スターウッド>ハイアット の順番でのプライオリティですが、海外出張の際には予約段階でスイートを確定させておきたいという思いもあり、ハイアットが確実です。
ハイアットに電話してみると、スイートアップもその場で空室があるため確定できるとのことでしたのでハイアットにしました。

2015-06-1493915.png

何やらツインタワーなのでしょうか。
ホテルライフを楽しむには事前に少し調べておかないといけなさそうですね。

2015-06-1494119.png

スイートは90㎡のようです。僕は80㎡くらいがスキなので、90㎡はちょっと広いかな。
表示の料金はもちろんスイートを予約した時の料金で、僕は変更の効かない前払い割引レートで960CNY(税別)です。

飛行機とホテルとを手配完了してあとは現地でのスケジュールの詳細を決めなくてはなりません。
近郊の都市、トンガンにも行くことを予定しています。せっかくの海外出張ですからスケジュールに合間での観光も考えないといけません。結構忙しくなるかもしれませんね。

なんだか広州出張が楽しみになってきました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2015年7月広州出張】その1出張が決まればすべきこと

中国/広州に出張することになった。
海外出張は帰国後の猛烈な業務の積み残しで休みもなくなってしまうためできれば避けたいのですが、避ける事が出来まぜんでした。

『来てください』

というクライアントのメールで、行くことになってしまいました。
出張が決まれば、航空券とホテルの手配をしないといけません。広州は実は一度行ったことがあります。ANAに乗っている頃に、広州in 広州outでアワードの発券をしたことがあります。その時にひと通り観光をしていますので改めて見に行くようなところはないのですが、最近は中国出張といえば上海ばかりでしたので少し新鮮な気持ちでもあります。

JALとANAとが直行便を飛ばしていますので、比較的ラクなデスティネーションです。今回はやはり慣れたJAL便を選択することにしました。コードシェアの中国南方航空便はちょっと避けたいなという気持ちがあるので、JAL機材の便を選択します。

015-06-147.png

復路の14時過ぎのフライトって結局当日は何も出来ないんですよね。11時すぐにはチェックアウト、空港には12時過ぎに到着という感じで成田についたら20時ですから無駄に一日潰すことになるので避けたいのですが、それ以上に中国南方航空を避けたい気持ちが勝りました。

2015-06-146.png

広州って意外に大きな街です。人口1200万人を越える大都市で華南地区の中心地でもあります。
JCBやVISAカードは街中ではほとんど使えず、途方に暮れた記憶もよぎります。
今回は仕事ですのでどれだけ観光できるかわかりませんが、いつもの出張に比べるとスケジュールも緩いため、適度に観光できればなと思っています。ちゃんとガイドブックでも買っておこうかと思っています。

『仕事を通して遊ぶ』
ビジネスマン生活も残り少なくなってカウントダウンが始まリつつありますので、そうありたいなと思っています。もちろん遊びに行くんじゃなくて仕事しに行くんですけど、そんな中でもふと時間を見つけて遊ぶ。仕事しているのか遊んでいるのかシームレス。普段の出張もそうですが、こんな海外出張でもそうありたいなと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ