マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

【2017年6月シェムリアップ旅行】トンレサップ湖に沈む夕陽(10)

トンレサップ湖の観光は、シェムリアップ旅行のもう一つの楽しみかもしれません。
クルマで30分ほど揺られて巨大な湖のトンレサップ湖に向かいます。琵琶湖の7−8倍と言っていたような気がしますので巨大な湖であることは間違いありません。そこに水上生活者がいます。ベトナムから来た人たちだそうでそのまま水上生活者として定着しているそうです。

これはボート乗り場。
かなりしっかりたターミナルになっています。
乾季と雨季では水面が数メートルも変わるようですが、まだ乾季の最後の方で水面は低いようです。



ボートに乗って10分も進むと一面に水平線が広がるところまで行きます。
水上生活者のボートの家などがいくつもあります。商店や学校まであるところが不思議です。どうしてこんな不便な生活をしているのだろうか。

2015-09IMG_7456.jpg

小舟に乗った湖の民がやってきました。
沈みそうな感じもしてちょっと心配になります。

2015-09IMG_7462.jpg

僕たちは大きなボートハウスに移って日が沈んでいく様子をみていました。
日没までは1時間30分もありましたが、多くの観光客がやってきてはそれぞれが色々なポーズを取り写真に収まっていくさまを見ていると全く飽きがきませんでした。ほぼ中国人、時折韓国人というのが観光客のすべてです。
中国人、特に女性は見事なまでにポーズを決めます。日本人には決してできないようなポーズでそれはまさに女優です。女優になりきりポーズを決める。ポーズの決め方を学びました。


時は過ぎ、僕たちのシェムリアップ旅行は終わりを迎えようとしていました。
ホテル2泊に機中2泊というとてもタイトな旅行です。会社を2日休むのが精一杯ということもあり、かなり無理した旅程でしたが、充実した楽しい旅行となりました。職場の同僚との毎年の旅行はあと何回行けるのだろうか。もしかしたら今回が最後になるのだろうか、あと何回行けるのだろうかと沈む夕陽を見ながらふと頭をよぎりました。

10回にわたりお届けしたシェムリアップ旅行記はこれでおしまいになります。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
さぁ次の旅行に向けて準備に入りますか。ううん、私はいつだって何の準備もしないまま行ってしまいます。出たとこ勝負の旅、そういうスタイルがあっているようです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

スポンサーサイト

【2017年6月シェムリアップ旅行】街角の風景(9)

シェムリアップではずいぶんとトゥクトゥクに乗りました。
この街は田舎の町なので、タクシーみたいなのはなかなか見かけません。タクシーなどいるのだろうか?
行く場所にもよりますが、3ドルから5ドルの間で、3ドルくらいのときが多かったですが、考えてみると意外に高いかもしれませんね。いつも5人で乗っていましたので頭数で割ると安いのですが1人で乗ると意外に高いのかなと今になって気が付きました。

これはトゥクトゥクではないですね。トゥクトゥクに乗っているときに撮った写真です。



これはオールドマーケットでの写真です。
お土産屋さんがたくさん集まったところですが、ほしいものには恵まれませんでした。

2015-09IMG_7424.jpg

これもオールドマーケットの中です。
ジトッと熱気が篭っていてほしいものを探すのも汗だくになります。

2015-09IMG_7431.jpg

シェムリアップは小さな町なのですることも限られてしまいます。
街もPUBストリートとこのオールドマーケットくらいしか旅行者が集まるところはありませんので、すぐに飽きてしまうかもしれませんね。もっともこの街に来るの人はアンコールワット観光がメインでしょうからこのPUBストリートやオールドマーケットが旅の疲れを癒やしてくれるのかもしれません。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ


【2017年6月シェムリアップ旅行】街角のカフェ(8)

シェムリアップは、カンボジアの田舎街です。
決して所得の高い街ではなく貧しいアジアを感じさせる街です。ただ欧米をはじめ多くの国からの観光客で賑わっている街で観光に関わる収入はそれなりにあるのではないかなと思います。欧米人が多いこともあリ街角のカフェはなかなかセンスが良いところがあります。

今回も暑さに負けてカフェで一休み。



エアコンはなく全面ガラスドアを開けっ放しで入りやすいお店でした。

2015-09IMG_7433.jpg

頼んだのはアンコールビール。
昼間だと言うのについつい飲んじゃうんですよね。ここのビールは1.5ドルでしたが、これはかなり高い部類かと思います。生ビールの平均が1ドル。安い店ですと0.5ドルです。1ドルというのがこの街の相場観ではないかなと思います。

2015-09IMG_7432.jpg

何もしないで怠惰な時間が過ぎていきました。
たまにはこんな時間があってもいいよね。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2017年6月シェムリアップ旅行】Georges rhumerieで晩御飯(7)

シェムリアップで食べた晩御飯のうちひとつをご紹介します。
今回伺ったのは『フランス領レユニオン島の料理』が食べれるという『Georges rhumerie』です。
場所はちょっと説明しにくいところにあるのですが、ホテルから乗ったトゥクトゥクは難なく連れて行ってくれました。インドのテーブルに加えてオープンエリアのテーブルもあり、バーカウンターもあります。結構大きなお店です。

2015-09IMG_7356.jpg

ラム酒にこだわりがあるようで、自家製のさまざまなラム酒を提供してくれます。選んだのはココナツ味のラム酒をいただきました。今回はラム酒で乾杯してスタートです。

2015-09IMG_7363.jpg

料理はたくさん頼みましたし、写真もこれが全てではないのですが、一覧で載っけましょう。
味はいずれも美味しいもので、ハズレはありませんでした。

2015-09IMG_7370.jpg 2015-09IMG_7364.jpg
2015-09IMG_7365.jpg 2015-09IMG_7372.jpg

ワインも幾本もが空いて、楽しいひと時が過ぎていきました。
他のテーブルでは誕生会が開かれていたり、カップルが楽しそうに食べていたりして雰囲気のあるお店でした。オープンエリアのバーカウンターの止まり木には、グラスを片手に楽しむ人達がいました。

お腹が満ちるとPUBストリートへと繰り出します。
このPUBストリートは夜な夜な観光客で賑わう街です。街中の観光客のすべてが夜になるとここに来るのではないかと思うくらい集まります。

ちょうどPUBストリートの中心で道がクロスするところにある『Red Piano』へと向かいました。
もちろんトゥクトゥクに乗ってです。

2015-09IMG_7392.jpg

今回は2Fのテーブルに案内されました。
頼んだのモヒート。僕の作るモヒートよりずっと美味しい。

2015-09IMG_7391.jpg

日も落ちてすっかり暗くなっています。
他愛もない話をしながら時が過ぎていきました。とても長い一日でした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2017年6月シェムリアップ旅行】Boreiホテル(6)

今回のホテルは、Boreiホテルです。
2年前もこのホテルに泊まりましたが比較的リーズナブルで良いホテルといえます。
個人的にはパークハイアットやメリディアンがあるのでそちらのほうが良いのですが、ホテルの手配は同僚の担当なので黙って従うのがオキテです。



ロビーは広くて雰囲気がありますね。
良いホテルはロビーの居心地が良いものです。
特徴的な岩、これは砂岩だと思うのですが、上手に切り出して外壁や内壁に使っています。アンコール・ワットに使われている岩も砂岩でしょうから、門前町のこのホテルにはそういうこだわりがあるのだと思います。

2015-09IMG_7326.jpg

部屋は2Fだったと記憶していますが、前回と同じようなお部屋でした。
十分広くて使いやすい部屋です。文化を感じるようなインテリアでとても良いですね。ベッドは柔らかめですがコシがあるベッドで不思議な感覚がしますが、よく眠ることができました。

2015-09IMG_7327.jpg

水廻りは猫脚のバスタブとシャワーブースがあったりしてなかなか良いです。
バスタブがホーロー引きならばなおよかったのですが、なかなかそうはいかないようです。シャワーブースのお湯は出たり出なかったりでしたが、バスタブの方はふんだんに熱いお湯が出てきました。

2015-09IMG_7331.jpg

同僚たちもこのBoreiホテルを気に入っていたようです。
個人的には中級クラスのホテルという印象ですが、ここは5つ星のホテルです。プロパティ以上にホスピタリティの良いホテルだと感じています。朝ごはんのレストランもなかなか美味しくて楽しませてもらいました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ



【2017年6月シェムリアップ旅行】雄大なアンコールワット(5)

今回は東京からの夜行便でシェムリアップを訪れました。
シェムリアップの空港に到着したのはまだ午前中のことで、今回は空港からそのままアンコール・ワットを目指すことにしました。アンコールワットは4回目だという同僚がツアーを手配してくれました。
前回2年前に来たときには、アンコールワットの手前で入場券を購入したのですが、今回は街中にある観光案内所みたいなところでの手配です。たった2年で随分と変わってしまったようです。変わったのはそれだけではなく入場料です。記憶が多少曖昧ですが、20ドル位だったのが37ドルと随分と上がっています。37ドルとはなかなかの値段ですのでちょっとなぁという気になってしまいます。



タイやラオスやミャンマーでは見かける僧侶は国ではあまり見かけませんがアンコール・ワットを囲む堀を歩いていました。なかなか絵になって良いものです。

2015-09IMG_7252.jpg

雄大なアンコール・ワットはなんど見ても良いものです。
森の中にいつしか埋もれていたこの遺跡はまさに世界遺産にふさわしいすばらしいものです。ただ暑いんです。滝のように流れる汗で疲労困憊となってしまいました。特に夜行便できてそのままこの日盛りの中での観光ですから決して良いことではないですね。ひどく疲れてしまいました。

2015-09IMG_7315.jpg


2015-09IMG_7303.jpg

こうして数時間に渡ってのアンコールワット観光は終了しました。
かいた汗の分だけビールが美味しいはずです。初日にメインの観光が済んでしまうと後は怠惰なスケジュールになってしまいそうです。でもいいのです。暑い国ですからあくせく動き回る必要なんてないのです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ


【2017年6月シェムリアップ旅行】出発は羽田空港から(4)

今回の旅程は、出張先から戻ったその日の深夜便でバンコク経由でシェムリアップへと向かうものでした。
出張先からそのまま向かうというのは余計な荷物が増えてしまうのでなかなか悩ましい。今回は出張先から夕方までに一旦東京に戻り出張の荷物やスーツを東京に置いてから旅行に出ることにしました。

今回は機内2泊、ホテル2泊というショートトリップです。
これが私のキャリーの中身です。シェムリアップは暑いので余分にTシャツをたくさん持っていきます。あとはズボンの替えもなくミニマムな荷物です。

2015-09IMG_7200.jpg

今回は同僚に手配してもらったこともあリ、ANA便です。
若い人はやはりANAにプライオリティを置く人が多いのかなぁ。前回このメンバーでミャンマーに行った際には私が企画したこともあリJAL便をベースに組み立てましたが、今回は若いメンバーに企画してもらいましたのでANA便になりました。エコノミークラスですからどっちでもかまわないという感じでこだわりもありませんでした。

スター系でステータスを持っている人は私以外にはいませんでしたので今回はラウンジもパス。
空港のレストランで若い同僚たちとしこたま飲みました。そんなときは先輩がごちそうしてあげるのがスマートです。こういうことをケチっちゃぁ仕方がありません。

2016-09IMG_7203_2017061109030354c.jpg

バンコクでのコネクションは4時間ほどでしたがあっという間という感じでした。
これ以上短い接続時間ですとちょっと心配になりますね。なお、羽田のANAカウンターではANA便とPG便のボーディングパスが出てきましたが、名古屋からJAL便で来たメンバーはバンコクまでのボーディングパスでPG便のボーディングパスはもらえませんでした。バンコクの乗り継ぎカウンターでもらうようにと言う指示でしたが、バンコクの空港のどこにあるのかわからないので心配そうでした。

幸いなことに以前バンコクの空港で一晩泊まる羽目になったときに乗り継ぎ発券カウンターには行っていましたので連れてきましたが、変化の激しい空港なのでその時とはちょっと様子が異なっていました。

2015-09IMG_7229.jpg

PG便に乗るとFreeのSIMを搭乗者に配っていました。
これでも良いかなと思ったのですが、サスガに10MBでは容量が少なすぎますのでシェムリアップ空港でSIMを買うことにしました。

PG便はいつものプロペラ機です。いつ乗ってもオンボロ機材でしたが、今回は往復とも新しい機材でちょっとばかり安心しました。これまでシートが倒れっぱなしだとかガタガタボロボロ機材でしたが新しい機材を投入しているんですね。

2015-09IMG_7233.jpg

シェムリアップの空港に降り立ったのは午前10時位でしたでしょうか。
滑走路を歩きながらムッとする熱気で汗が吹き出してきます。そして肌がジリジリ焼けてくるのを感じました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2017年6月シェムリアップ旅行】VISAの謎(3)

アンコール・ワットのある国のカンボジアを旅するにはVISAが必要です。
空港の入国前にアライバルビザで取ることも可能ですが、往々にして長蛇の列であり入国までに無駄な時間を過ごすことになりますので、事前に日本でとっておくことにしました。

今回は前回同様大阪の領事館で申請しました。
料金は4400円。木曜日の午前中に出して月曜日に出来るということでしたので翌々日に取得できるという感じでしょうか。ただし今現在はe-VISAがとても便利になったようで、料金も安く36ドルと聞きました。
今回同僚は、e-VISA、大阪、東京でVISAを取っていますが、それぞれ料金も違い、安い順に、e-VISA>東京>大阪となりました。

2015-09IMG_7155_20170520132446ea8.jpg

❐カンボジア大使館公式のe-Visa申請サイト

ちなみにVISAの右上に30ドルと書かれていますが、それは入国の窓口で取る場合のようです。それにe-VISAだとシステム手数料の6ドルが加算されるようです。6ドル取られても領事館で取るより安いんですから、これが一番良い方法かと思います。面倒なVISA申請もe-VISAで取れるのであればそれが一番便利で安いベストな方法かもしれませんね。

私は4400円に加えて街角の自動写真撮影機で800円かけて写真も撮る必要があったので5200円もかかりました。写真も1枚でいいのに6枚もついていたりしてなんだかもったいない。e-VISAであればスマートフォンの自撮りの写真でも良いようですので、やはりe-VISAがベストだと思います。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2017年6月シェムリアップ旅行】プランニング(2))

4月に記事にしましたが、今年の職場旅行はシェムリアップになりました。
まぁ、どこでもよかったのですが、シェムリアップに行きたいという人がいたので行くことにしました。
今回は幹事役は降りているので、ついていくだけなのでとても気楽です。

往復とも深夜便を使ってのフライトで今回はANA便での予約になりました。幹事さんが決めてくれたからです。そしてそれも予約をお願いしてという非常に楽ちんな旅行です。ホテルは修行の身の上としてはメリディアンにしたかったのですが、同僚が安いホテルを手配してくれましたので、飛行機代もホテル代も現地ツアー代もそれぞれの担当に支払うだけというおまかせ旅行になります。

2015-09IMG_7127.jpg

シェムリアップですることといえば、アンコール・ワットを見に行くこととトレンサップ湖に行くことくらいで、後はパブストリートに行くくらいでしょうか。
ずっとホテルに沈没というわけには行かないのでツアーに参加しないとなりません。暑いんですよね、この街は。それがちょっとうんざりですが、2年ぶりのアンコール・ワットを楽しんできたいと思っています。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ


【2017年6月シェムリアップ旅行】アンコールワットふたたび(1)

毎年5-6月あたりに職場旅行を実施しています。
今年も前年の全社業績に応じて旅行代金が支給されることが決まり幾つかの旅行プランが検討されていますが、アンコールワットに行こうかという話が出てきています。個人的にはどこでも良いのですが、このアンコール・ワットにしようと思っています。

日程やフライト/ホテルなどはこれからの手配になるのですが、なんとなくJAL便になるような気がしています。
カンボジアは適度に田舎ですし、物価も安いですし、ホテルステイを楽しむのも良し、アンコールワットの雄大な遺跡を見るのも良しです。マニア的には北レスが合って気になりますけどさすがに行かない。

2015-4-IMG_9022.jpg

細かいことが決まっていくのはこれからですけど、ちょっとワクワクしてきました。
同僚たちの旅行は楽しいものです。知らない新たな発見があったり、ぐっとお互いを知り合えて親しくなれる機会でもあります。お金は気にしないで良い、だってたくさん支給されますしね。みんなで頑張ったら旅行資金が支給されるというこの制度、なかなか見事です。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ