マイレージライフ

ANA/JALでのマイレージ生活とSPG・Hyatt・Hiltonのホテル生活の毎日を綴ります。

【SPG】アリババ会員にマリオット上級会員付与へ

アリババで取引の多い顧客をマリオットの上級会員として迎えるプログラムを始めるそうだ。
何気に読み飛ばしていたニュースであるが、これは実に示唆に富む奥の深い記事である。
ひと言で言えば、サイアクである。

合弁会社を作るに際して、アリババは会員プログラムを刷新し、利用額が多い顧客にマリオットの上級会員の資格を付与する。顧客は部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの優遇を受けることができる。

2017-08-021.png

中国人の旅行熱はすさまじい。
それは海外を旅したひとであれば、ううん、国内においても目にしてきているはずである。その数がとてつもない。そしてマリオットの上級会員を自動付帯にしたならば、マリオットにたくさん流れてくる。
上級会員のベネフィットである部屋のアップグレード、朝食、ラウンジ、レイトアウトなどを付与される人が桁違いに増えてくる。それはもう桁違いであろう。
アリペイのサービスの会員数は4億5000万人である。付与基準がわからないが上位1%に資格を付与したとしても450万人である。桁が違うのだ。
日本人の上級会員なぞ数もたかが知れている。日本人は権利を主張することもなく中国人の上級会員に完全に吹き飛ばされてしまうのは目に見えている。アップグレードは期待できなくなり、ラウンジはけたたましく酒場と化し、朝食会場だって騒々しい。

中国人の富裕層や中間層はものすごく分厚い。はっきり言ってその辺の日本人なんかに比べてはるかに豊かな人が多い。何と言っても人口が桁違いに多く中間層、富裕層が分厚いのだ。
2015年のデータになるが現実的に中国の平均年収は747万円(農村部を除く)である。日本はどうかというと420万円だ。平均所得では中国の方が多いという事実を改めて実感する。
中国では平均年収以上である750万円以上の給与所得がある人口は1300万人ほどいるそうだ。日本で750万円以上もらっている人口は400万人なのである。この中間層だけでも日本よりはるかに多いのが現実である。
加えて書いておくと750万といっても家賃は必要のない人も多い。ご存知の通り住宅は国が与えた。そして開発の名の下に立ち退かされて億ションに等価交換で住んでいる人も多い。私の知り合いの上海人は立ち退きで億ション2つを上海の一等地に持っている。一つを賃貸に回して働かなくてもいいと言っていた。

そういうゾーンがマリオット(含むSPG)に流れてくる。
わたしは、結構危惧している。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。




세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

shoji says... ""
そらさん
東欧からおかえりなさいませ。
現地のレポートありがとうございます。まだ見ぬワルシャワですがいつか機会があればいいなって思います。
話には聞いていましたがワルシャワみたいになかなか行けないようなところまで(私だけかなぁ)中国の人は訪れているんですね。そんな方達の御用達ホテルにならなければいいなって思います。
単なる杞憂であればいいのですが、なにせ想像を絶する人口があるので予想を超えるんじやないかとおもいます。
2017.08.16 22:37 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
そらさん says... ""
shojiさん。こんにちは。
さて、8月6日にワルシャワのマリオットに泊まりましたが、宿泊料金が413PLNで、先程webからクレジットカードの利用明細を確認したところ、13032円が決済されていました。お部屋は必ずしも広くて豪華な感じはしませんでしたが、もともと予約していたリーズナブルなお部屋よりアップグレードされて31階のお部屋になっていると聞きました。
ワルシャワなどはホテル代が毎年のように上がっているようですが、まだまだお得な感じがします。ちなみにチェックアウトした日は、ホテルは30階以上あるにもかかわらず満室のようでしたが、16時アウトも可能でした。
shojiさんが、気にされているラウンジの混雑状況ですが、ティータイム、カクテルタイム、モーニングタイム全て行きましたが(笑)どの時間も利用者は限られていたように思いました。ラウンジが広めということもあるかもしれませんが、空席が少なからずあるのは、やはり対象者を絞りこんでいることが大きいのではないでしょうか。
印象に残っているのが、中国の方数名が、ラウンジの様子をガラス扉越しに眺めていたことでした(笑)ちょうどお料理などが並べてあるカウンターの近くに普段は使っていないガラス扉があるのですが、そこから、繁々と眺めていました(笑)
しかし、shojiさんが懸念されているように、対象者を拡大すると、こうした方々の多くも入室対象になり、ラウンジの質は確実に落ちそうだと思いました。
2017.08.16 20:58 | URL | #- [edit]
shoji says... ""
reward さん
いつもお越しいただきありがとうございます。
何気ない情報でしたが、その先にあることを考えた時に、これマズイかもと感じました。
あふれる中国人もラウンジでは見かけることはありませんでしたが、これからは日本人の数よりはるかに多い中国人上級会員で一杯になるのかもしれませんね。
これからもよろしくお願いします。
2017.08.15 08:35 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
reward says... "恐ろしいです。"
初めまして。
いつも楽しく拝見しております。
見逃せない情報でしたので思わずコメントを。
ヒルトンのステータスマッチでダイヤモンドばら蒔きの時も、一時期明らかにクラブラウンジの客層が変わったので、
マリオットとなれば、それ以上の惨状になる事は想像に難くありませんね。
旅慣れたご年配の方々は割とマナーも良いのですが、若い方は、お世辞にもマナーが良いとは言えませんし…。
暫くは用心してホテル選びをしなくてはいけないですね。
2017.08.15 08:19 | URL | #0MXaS1o. [edit]
shoji says... ""
ワイン大好きさん
海外からありがとうございます。中国・韓国からの方は多いですよね。
今回のステータス付与は旅慣れていない方々にも付与される可能性も感じるので、そういう方々で溢れるんじゃないかなと思います。
禁煙室でタバコを吸う人がいるのかぁ。2−3万円の罰金かと思っていました。毅然と徴収してほしいですね。
2017.08.12 13:49 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
ワイン大好き says... ""
只今、マレーシアに滞在中ですが大陸の方が多いです。
次いで韓国の方。

おっしゃる通り日本人は主張しないですからUPGは難しくなりそうですね。

旅慣れた大陸の富裕層の方は大声で話したりしないので良いのですが
禁煙室でもタバコを吸う可能性を危惧します。
罰金なんて意味しないですから・・・(号泣)
2017.08.12 12:25 | URL | #XIur6aGI [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する